介護サービスの種類

介護サービスを利用するには

介護サービスは条件さえ満たしていれば誰でも利用することができますが、そのためには市区町村・地域包括支援センターの窓口で申し込みをしなければなりません。
介護保険に加入している人は65歳になると「介護保険被保険者証」というものをもらえますが、これだけでそのまま介護サービスが受けられるわけではありません。
地域包括支援センターに申し込むと要介護認定のための所定の手続きが行われ、身体機能や生活機能の状態によって要支援あるいは要介護の認定が下されます。

要支援1または2と判断された場合は地域包括支援センターによって介護予防ケアプランが作成されます。
要介護1〜5と判断された場合であれば老人ホームなどの施設に入るか、または居宅介護支援事業者が居宅サービスのケアプランを作成することになります。

介護サービスの種類

要介護の人が受けられるサービスは都道府県政令指定都市・中核市とその他の市区町村では若干違います。
都道府県政令指定都市の場合は「居宅サービス」「施設サービス」「居宅介護支援」の3通りのサービスがあります。
一方、その他の市区町村では地域密着型サービスを受けることができます。

要介護の認定を受けても1〜2の軽度のうちは居宅サービスがメインになります。
居宅サービスでは長年住み慣れた自宅にいながらにして介護を受けることができるので、本人の安心感があります。
居宅サービスの中でも主軸となるのは訪問介護ですが、この訪問介護は身体介護と生活援助、そして病院などのための乗車・降車の介助から成っています。

身体介護とは排泄や食事、入浴などの介護と準備、そして後始末のことを言います。
高齢の配偶者との二人暮らしで入浴が困難な場合などにはかなり助かるのがこの身体介護です。
また掃除や調理、薬の受け取りなどといった家事や雑務を助けてくれる生活援助も有益です。

自宅で医師の診察が必要な人のためには居宅療養管理指導を受けることも可能です。
このサービスでは医師か歯科医師が居宅を訪問して服薬や口腔ケアなどの指導を行っています。

その他に受けられるサービス

訪問介護と同時に通所介護も大変役に立ちます。
通所介護というのはデイサービスに通って介護を受けるサービスのことで、日帰りで行われます。
入浴や食事、機能訓練などがデイサービスで行われる内容ですが、送迎もサービスのうちに含まれています。

これ以外に通所リハビリテーションも介護サービスとして受けることができます。
通所リハビリテーションを行う事業所には医師が配置されている他、理学療法士か作業療法士、言語聴覚士のうちのいずれかが配置されていることが義務となっています。