介護保険サービスを受けられる要介護1とは

介護保険とは

介護保険というのは介護がなければ生活できない高齢者が適切なサービスを受けられるようにと便宜をはかる社会的な仕組みのことです。
介護保険制度がスタートしたのは2000年のことですが、それ以来40歳以上の人全員が介護保険の保険料を払うことが義務づけられました。
40歳から64歳までで健康保険に加入している人は健康保険料と一緒に徴収されることになっていますので、自分が介護保険料を払っていることに気がついていないこともあり得ます。

介護保険の加入者は65歳以上の第1号被保険者と40歳から64歳までの第2号被保険者の2つに分類されていますが、サービスが受けられるのは原則として第1号被保険者だけです。
第2号被保険者は指定を受けた16の特別疾病にかかっている場合のみ、サービスを受けることができるようになっています。
16の特別疾病には早老症や慢性閉塞性肺疾患、筋萎縮性側索硬化症など老化に起因する病気が含まれています。

要介護1とは

介護保険で受けられるサービスは要支援1・2と要介護1〜5の7種類があります。
自分で身の回りの世話ができなくなった場合、最寄りの市町村の福祉科から派遣されたケアマネージャーの面談によってどのランクの支援あるいは援護が可能なのかが判定されます。

この中でも「要介護1」というのは歩行が安定せず、食事や排せつなど基本的な生活動作に部分的な介助が必要という状態が基準となっています。
要介護1では1ヶ月に受けられる金額の上限が166,920円と決まっています。
このうち本人が負担しなければならないのは1割ですが、高所得高齢者に関しては2〜3割の自己負担となります。
ですからケアマネージャーはこの限度支給額以内に収まるようにケアプランを立てていくことになります。

要介護1の段階では夫婦でお互いに協力し合ったり生活習慣を改善することによってより安定性のある生活を営むことも可能です。
基本的にはデイサービスと訪問介護だけで十分に生活していけますが、将来的にはサービス付き高齢者向け住宅への入居なども考慮しておくことが大切です。

デイサービスとは

要介護1の人の場合、デイサービスが週に2回と訪問介護が週3〜4回がだいたいのケアプランの目安です。
デイサービスは通所介護とも呼ばれていますが、日帰りで介護を受けることができます。
高齢になると引きこもりがちになって身体を動かしたり仲間とおしゃべりする機会がどんどん失われがちになりますが、デイサービスでは送迎つきで仲間と食事をしたりレクリエーションができるので、精神面での維持向上がかなり期待できます。
介護職の介護を受けながら入浴もできるので、家族の負担も大幅に軽減されます。