自転車保険について

○見直されている自転車保険のお必要性について
実は、ここにきて自転車保険が見直されています。
少し前の話になりますが、自転車を運転していた子供が夜道大人の女性にぶつかってしまい、相手の女性が意識不明の重体になるとい事故がありました。
まさか、子供もそんな風になるとは思いませんし、ぶつかられた方だって「まさか」の連続です。
こういった事故が起きたとき、私たちを守ってくれるものといえばやはり「保険」ではないでしょうか。
保険に入っておくことで、万が一不幸なことが起きたとしてもそれを保険でカバーすることができます。
こういった心強さがあるからこそ、多くの人は保険に加入するのではないでしょうか。

「自転車でそんなに怖い事故はおきない」と思うかもしれません。
でも、実際に自転車で女性にぶつかり意識不明となってしまった小学生男児の場合、「親の監督責任がなっていなかった」という理由で9500万円の賠償金支払い命令が出ました。
夜道を無灯火で走っていた女子高生は、歩いていた女性にぶつかってしまい、相手が後遺症で看護師の仕事をすることができなくなったために、5000万円の支払い命令が出ました。
この事故、すべて自転車によるものです。車ではありません。
自転車であっても、このくらいの事故が起きるということが世の中に広まった非常に恐ろしい事故です。
こんな風に、まさか事故が起きるなんて誰が思うでしょうか…。
でも、こういう事件が起きていることが現実だからこそ、私たちは保険に加入をしておかなければならないのです。

○わりと簡単に入れる自転車保険
そんな自転車保険ですが、わりと簡単に入ることができます。
コンビニでも自転車保険に入ることができるのをご存知ですか?
セブンイレブンでは、「三井住友海上」の自転車保険に加入をすることができるようになっています。
価格も安いですし、もし自転車保険に入っていないという人がいたらこういったところを利用して保険に加入をしてみるといいかもしれません。
自転車保険は、本当に数千円で加入できることも多いので、条件を比較して「自分ならどこがいいか」をみたうえで、加入をすることができたらいいですね。

自転車は、子供から大人まで乗ることができるとても便利で楽しい乗り物です。
でも、そんな乗り物がちょっとのことで他人を傷つける武器になってしまうということを思えば、やはり加入をしておくにこしたことはありません。
私たちが自転車事故を起こさないのは、もしかしたら本当に「運がいいから」というだけなのかもしれません。
それを思ったら、やはり万が一の時の備えは必要になりますよね。