自転車の怖さがあまり知られていない

○自転車は怖い!それを再確認するような事故が次々と起きています
自転車といえば、子供からお年寄りまで無理なく乗ることができる乗り物です。
それゆえに、「庶民の足」として多くの人が乗っていますが、そんな自転車が大きな事故を起こしているということはまだあまり知られていません。
実は、近年になり「自転車事故の恐ろしさ」が急激にクローズアップされるようになり、自転車保険への加入者が急激に増えているといいます。
これは、とある事故から「自転車の怖さが伝わったゆえの出来事」と言われています。
この事故の恐ろしさについては、本当に多くの人に知ってほしいと願ってやみません。

○小学生が自転車で女性に激突、9500万円の賠償金支払い命令が
これは実際に起きた事故のこと。
夜、ライトをつけて坂道を自転車で降りていた小学生(高学年)が、あやまって歩行者に激突をしてしまいました。ぶつけられた女性は意識不明の重体となり、現在も寝たきりのままです。
当時、自転車は坂道ということもあり20キロから30キロのスピードが出ていたそうで、その勢いのままつっこんでしまったのでしょう。
意識不明になってしまったということもあり、この小学生の親には「監督責任を怠った」として、9500万円の賠償金の支払い命令が下されたということです。
この金額の大きさがニュースで大々的に報道され、それがきっかけで「自転車の怖さ」がクローズアップされるようになりました。
かんがえてみれば、自転車は軽車両です。
今は軽い力でもスピードが出やすい自転車がたくさん販売されていますので、それを思えば「ぶつかった時に大事故となる可能性」が多くある可能性もあります。
このことは、自転車に乗る多くの人が肝に銘じておかなければなりません。

○もう一度、自転車の怖さを見直してみる必要がある
まず、私たちはもう一度自転車の怖さについて見直してみる必要があるのではないでしょうか。
「自転車なんて怖くない」という人もいるかもしれませんが、事故というのは一瞬で色々なものを失うものです。
それを考えれば、自転車の怖さをあらためて私たちは自覚し、「怖いものである」ということを頭に入れておかなければなりません。
事故と言うのは、一瞬で本当にいろいろなものを失ってしまうものです。
それは、当人だけでなく家族にふりかかることもありますので、そのことを考えても「きちんと自転車の怖さを考える」ということは大切なことになるでしょう。