自転車保険の必要性

○自転車事故の怖さがあまり知られていない
自転車は、子供から大人まで乗ることができる大変便利な乗り物です。
「自転車が大好き、出かけるときはいつも自転車」という人も多いでしょう。
なんといっても、自転車はガソリン代がかかりませんし、いまはあまり力を入れなくてもこぐことができる電動自転車というものも買うことができるようになりました。
こういったものがあるからこそ、私たちの生活はとても便利に、またやりやすくなったと考えて良いでしょう。
しかし、自転車は「軽車両である」という事情があるにも関わらず、あまりにも軽い扱い話されすぎているように思います。

○「軽車両である」ということ
実は、自転車には非常に怖い指摘があります。
「軽車両である」ということは、ある意味で車と同じ扱いになるはずなのに、私たちは自転車の乗り方やその怖さについてほとんど知らないまま自転車に乗っていますよね。
これ、本当に怖いことなんです。
軽車両であるということは、万が一人にぶつかって怪我をさせれば賠償責任も発生します。
にも拘わらず、自転車にのる人の意識にはどこかで「自転車は大丈夫、ぶつかっても大した事故にはならない」と過信しすぎている人が少なくありません。
これは本当に、本当に怖いことです。
自動車の場合、きちんと講習をうけて免許をとってはじめて乗ることができるのに、自転車の場合はそれがありません。ただ、誰もが乗ることができる乗り物です。
これが本当に怖いということで、多くの人が指摘をしているのです。
自転車の怖さをほとんど何も知らないまま、私たちは自転車を運転していることになるためです。これは本当に、本当に怖いことですよね。

○自転車はどこを走ればいいか知っていますか?
皆さんは、自転車で走る時にどこを走ればいいかをご存知ですか?
これが、あまり知らないという人が多いのです。
実は、自転車が走っていいのは基本的に「車道の左端」と決められています。そう、歩道をはしるのはNGですので、本来であれば車両として車道を走らなければなりません。
でも、この事実を何人がご存知でしょうか?「知らない」という人も多いはずです。
このように、私たちが知らないところで自転車に関してはいろいろな法律がありますので、それをきちんと学んでおくことが必要になります。
これは、子供から大人までがきちんと把握し「自転車は怖い乗り物なんだ」ということを考えておく必要があるでしょう。
そうしないと、本当にいつか誰かが怖い事故を引き起こすことも考えられる乗り物です。