自転車事故で高額な賠償金が発生したケースについて

○大きく報道されないだけで、自転車事故でも高額賠償が出るケースがある
何度も言いますが、自転車は「軽車両」です。
軽車両なので、扱いとしては車と同じでもおかしくないのですが、どうもこのあたりが甘く見られているようで、自転車で無理な運転をしてしまうというケースが多発しています。
この実態を知らない人が、恐らく無理な運転をしてしまっているのでしょう。
では、具体的に「どんな事故が起きているのか」について考えてみたいと思います。
この事実をみれば、「自転車でも気を付けなければならない」と考える様になるでしょう。

・小学生男児が女性に激突、9500万円の賠償金支払い命令
テレビのニュースでも、かなり大きく取り上げられたのがこちらのニュースです。
夜に小学生が自転車のライトをつけて坂道を下っていたところ、通行人にぶつかってしまい、ぶつかられた女性が意識不明の重体で寝たきりになってしまったという事故です。
この事故では、ライトはつけていたものの男児がヘルメットをかぶっておらず、さらには坂道を20~30キロで走っていたことから「保護者の監督責任」が問われることとなり、母親に9500万円の支払い命令が出ました。
この事故の判決がきっかけで、多くの人が自転車保険に加入をしたと言います。
まさか、自転車事故で9500万円の賠償金支払い命令が出ると誰が考えるでしょうか。
こういった怖さがあるのが、自転車事故と考えて下さい。

・女子高生に5000万円の賠償命令
こちらは、女子高生が自転車に乗りながら電話を操作していて、歩いている女性にぶつかったケースです。
その女性は看護師をしていましたが、歩行が困難になってしまったために賠償金の支払いが発生。なんと、5000万円の賠償金を支払うことになりました。
これは「無灯火」「携帯電話で喋りながらの走行」ということで、明らかに女子高生側に非があるケースですが、それにしても5000万円の賠償金が発生するとはだれが思うでしょうか。
このように、一瞬の出来事で恐ろしい事故が起きてしまうというのは自転車事故にも言えることです。

他にも、男子中学生がお年寄りとぶつかって障害が残ってしまったために3000万円以上の賠償金を求められたとか、男子高校生が信号無視をして飛び出したせいでオートバイに乗っていたおとしよりと衝突、お年寄りが死亡するなどの怖い事故がたくさん起きています。
このような事故が起きることを考えると、まず「保険に入らない」ということは考えられないということが解るでしょう。保険はとても大事です。