自転車事故の原因は

では、自転車事故の原因にはどんなものがあるのでしょうか。
どうして自転車事故が起きるのかについて、考えてみましょう。

○自転車側の無理な運転が悲劇を呼んでるケース
まず、自転車事故の原因として「自転車に乗っている人間の無理な運転が悲劇を呼んでいる」というケースがあります。
自転車で無茶な運転をしたことがあるという人は意外に多いのではないでしょうか。
自動車がこちらに向かってくるのに、自転車で横切ってしまったという人もいるでしょうし、信号無視をしてしまう人も少なくありません。
また、そもそも周りをあまりよくみていないという人もいます。
最近危険なのは、音楽を聞きながら自転車に乗るなどしてる人が増えてること。
こういうことをしてしまうと、ついつい関心が交通安全から音楽へと切り替わってしまい、周囲にしっかりと気を配れなくなってしまうというケースも多々あります。
このような油断が、自転車事故を増やしてしまっていると考えて良いでしょう。
自転車に乗っている人は、「何かあっても自分は加害者にならない」という勘違いをしてしまっていることがあります。「どうせ車が悪くなるんだから」などと考えてしまい、油断をしているケースはありませんか?
しかし、そうやって事故にあってしまえば自分だって痛い目にあうのです。
また、歩いている人に対する事故であれば自転車側の過失にされることだって珍しくありません。
それを考えると、自転車に乗っている側も十分に気を付けて運転する必要がある、ということが解るでしょう。
万が一のことを考えれば、これらのことは本当に怖いことです。

○交差点は危ない
また、自転車事故の多くが交差点で起きていることも解っています。
自転車事故が車との出会いがしらに多く起きているということでしょうか。
自転車の中には、周囲をろくに確認しないで飛び出す人も少なくないので、こういった人が事故に巻き込まれやすくなっています。
このような事故を防ぐためにも、きちんと交差点の事故を防ぐことができるように尽力しましょう。

自転車事故は、本当に少しの油断から起きてしまうことも多くなっています。
このような自転車事故を減らすためにも、私たちはきちんと安全に気を配り、自転車事故をなくすことができるように働きかけをしていかなければならないのではないでしょうか。
また、地域で自転車事故を減らすことができるように尽力していく必要もありますので、ぜひ自転車事故に対する取り組みも強化してみてほしいですね。