This is first homepage widget area. To customize it, please navigate to Admin Panel -> Appearance -> Widgets and add widgets to Homepage Column #1.
This is second homepage widget area. To customize it, please navigate to Admin Panel -> Appearance -> Widgets and add widgets to Homepage Column #2.
This is third homepage widget area. To customize it, please navigate to Admin Panel -> Appearance -> Widgets and add widgets to Homepage Column #3.

損保ジャパン日本興亜

保障に合わせた損保ジャパン日本興亜の保険料

損保ジャパン日本興亜のサービス内容ですが、「車両保険ありでも5万円以内」という人気の保険を販売しています。

車両保険というのは、対人、対物とは無縁の事故を起こした場合に発生する、車両の修理代金などで使える保険のことです。
そのため、本来は車両保険の加入は後回しで、できるだけ安く自動車保険に加入するという人が多いのです。

ですが、近年になって「運転操作を見誤って単独で事故を起こす人」が増えてきました。
テレビでも騒がれている高齢者の自動車事故が該当するのですが、損保ジャパン日本興亜であれば、安く車両保険に入れるので、入っておくだけで安心できるマイカーライフを送れるようになります。

ただ、車両保険は自動車保険の中でも特殊な保険となっているので、保険の説明をしっかりと受けて入ったほうが良いです。
車両保険は、「車両に対してどの程度の金額まで保険をかけるのか」、という仕組みになっています。
前述のとおり、単独の事故であっても保険が適用となるのですが、30万円、50万円、100万円・・・といった補償範囲を先に決めておかないといけません。

また、推奨される補償範囲は30万円とされておりますので、特に車両に対して大きな車両保険をかけたくない場合は、このような料金を参考にして保険の設定を行うようにしましょう。
損保ジャパン日本興亜では、前述のとおりで車両保険も含めた自動車保険の人気が高いです。

しかも、「ゴールド免許割引」といった割引制度も充実しているので、今よりも安い自動車保険で保険の組み直しを行いたい・・・という要望にも、損保ジャパン日本興亜は対応してくれます。

ただし、他の保険会社と同じで「長距離運転を予定している人」に限っては、損保ジャパン日本興亜であっても保険料が高くなってしまうこともあります。
なので、長距離運転を予定している人は、前もって損保ジャパン日本興亜で相談を行い、自分に合ったプランがないか確認しておくと良いです。

損保ジャパン日本興亜のロードサービス

損保ジャパン日本興亜は、ロードサービスも充実しています。

そのため、長距離のロードサービスにも対応となっており、自動車事故で車が大きく破損してしまった・・・というケースでも、「自動車の破損状況の確認、運搬」をまとめて行なってくれるサービスとなっています。
また、自動車を事故で失った場合はどうなるのかというと、帰宅費用を受け取れるサービスが存在するので、こちらも含めて安心できるロードサービスとなっています。

他にも、自動車の不調などによってエンストが相次ぐ、もしくは自動車のパーツに破損が見られるケースでも、保険の適用が成されやすいという利点があります。

東京海上日動

安心できる料金体系の東京海上日動

東京海上日動には、「あらゆる割引制度に対応している」という強みがあります。

例えば、東京海上日動は「団体割引制度」を提供しているので、会社(勤務先)のほうで団体割引制度を利用しているという場合は、会社の案内を受けて団体割引制度に申し込むだけで、「15%ほど割引される」ことがあるのです。
他の保険会社でも同じようなサービスを行なっていますが、「5%~10%と小さな割引が多い」ので、中々、東京海上日動のような大きな割引に対応している会社は少ない状況です。

しかも、「長距離の運転を予定している人」であっても、東京海上日動は保険料がほとんど変化しないという利点があるのです。
このような利点があるので、東京海上日動を選んでいるという人もいますが、東京海上日動は他の保険会社から、保険契約を切り替える際にも、手続きを簡略化してくれるサービスがあるので、すでに保険契約を組んでしまった・・・という場合でも、安心して東京海上日動に保険を切り替えることができます。

また、東京海上日動は保険料そのものが安いという利点もあります。
例えば、「自動車がワゴンカー、用途は通勤、免許証の色が青」というケースであれば、東京海上日動では、40000円前後で保険契約を組めるようになっています。

ゴールド免許を保有されている人であれば、ゴールド免許保有者という形で、さらに自動車保険の料金が割安になることもあります。
他の保険会社でも、同内容のサービスを実施しているのですが、割引額が最大で1000円以内・・・というふうに、中々、東京海上日動のような数千円以上の割引に対応できるわけではありません。
東京海上日動は、免許証の色が青であっても料金設定が高くなりづらいため、ゴールド免許ではない人でも、安心して契約することができる自動車保険です。

東京海上日動のロードサービス

東京海上日動のロードサービスですが、バッテリー上がりといった小さなトラブルにも対応しているサービスとなっています。

他にも、「パンク、キー閉じ込み、エンジンの故障、エンジンの不調」という問題が発生した際も、東京海上日動であれば、素早く問題を解決するために駆けつけてくれます。
このようなサービスでも満足度が高いので、東京海上日動を利用されている方が多いのです。

また、「レッカーサービス」としてレッカーの移動距離が長く設定されている、しかも、ホテルの宿泊代金、帰宅費用といった費用についても、東京海上日動のほうで対応してくれるようになっています。
近年では、このようなサービスでも、東京海上日動と似ている保険会社が増えてきました。
ですが、東京海上日動は昔からこのようなサービスを、今とほぼ同じ価格設定で販売しているという強みがあります。

イーデザイン損保

安定したイーデザイン損保のサービス

イーデザイン損保は、全体的に平均以上のサービスが目立つ、という評価が多い自動車保険です。

まず、保険料についてですが、車両保険ありでも4万円以内という傾向にあります。
一般的な自動車保険では、「55000円前後」ということが多いので、イーデザイン損保が、どれほど自動車保険の料金を細かく調整して作られているのかが、このような比較で良くわかるようになっています。

また、「コンパクトカー以外の保険料は高いのでは?」と思っている人もいますが、そのような心配もありません。
イーデザイン損保では、「ワゴンカーの自動車保険」であっても料金設定がコンパクトカーとほぼ同じとなっていますし、大型車(ファミリーカー)についても数千円前後で変動する程度となっています。
そのため、イーデザイン損保は他の保険会社より安い価格設定で、自動車保険を販売している会社であると評価できるのです。

しかも、このようなサービスは「インターネット割引にも対応」となっているので、インターネットから前もって保険の見積もり、契約に関する連絡を行なっておくだけで、さらに割引された料金で自動車保険の契約を組めます。
イーデザイン損保は、昔からこのようなサービスを提供しているので、サービスそのものに対して大きな信用があるという特徴もあるのです。

イーデザイン損保は「事故別の対応件数が多い保険会社」としても有名です。
そのため、追突事故以外の事故を起こした際も、専門のオペレーターが相談、交渉を行なってくれるので、事故を起こしてしまった際も、安心して事故後の対応をイーデザイン損保に任せることができます。

イーデザイン損保のロードサービス

イーデザイン損保のロードサービスですが、「エンジンの故障(バッテリー上がりなども含む)」が発生した際も、サービス範囲内ということで無料の点検、修理などの対応を行ってくれます。

また、問題が解決した際は単純に問題が解決したことを案内するだけでなく、調査書を提出するような形で、具体的な問題点、どのようにして問題を解決したのかも学べるようになっています。

他にも、イーデザイン損保であればレッカーサービスにも対応していますので、高速道路、山の中で身動きがとれなくなった場合も、レッカーサービスを受けることで、安全に保険契約者、自動車を動かすことができるようになっています。

レッカーサービスについても無料で対応可能となっていますので、レッカーサービス時に数万円の費用が発生することもありません。
そして、イーデザイン損保であればキー閉じ込みのような、小さなトラブルであってもすぐに駆けつけて対応してくれるようになっています。

三井ダイレクト

三井ダイレクトのサービス内容

近年では、三井ダイレクトのようなインターネットから加入できる、自動車保険の人気が上がっています。

というのも、急に自動車保険に入らなくてはいけなくなった、もしくは自動車保険を他社で行いたい・・・という要望に対応しているからです。
三井ダイレクトは、自動車保険そのものがシンプルで、且つ1円でも安い価格設定で自動車保険の販売を行なっているため、近年では、他社から三井ダイレクトに保険契約を切り替えている人もいるのです。

また、保険契約の切り替えについてですが、インターネット、電話によるサポートのどちらでも速やかに行えるようになっています。
今では、三井ダイレクトだけでなく、他の保険会社でも似通ったサポートを実施しているので、昔のように契約の解除に時間がかかったり、もしくは他社で保険の契約を組む際に手続きが多くなる・・・というトラブルが減っています。

また、三井ダイレクトは保険料が安いと言われているのですが、「今までの事故数が少ない人、大きな車に乗らない」という人であれば、三井ダイレクトと相性が良いと言われています。
逆に、事故数が多い、大きな車に良く乗るという人では、細かい割引サービスを利用できずに、他社と同じサービス内容、保険料で、自動車保険の契約を組まないといけなくなります。

大きな車というのは、「ファミリーカー以上のサイズ」では大きな車に分類されることが多いです。
その代わり、「ワンボックスカー」であれば保険料が割安になりやすく、また充実したサービス内容で保険の契約が組めるようになっています。

三井ダイレクトは、車両保険ありであっても実はそれほど保険料が変化しません。
なので、車両保険に入りたいが、自動車保険の料金設定が大きく変動するのは困る・・・という人は、三井ダイレクトを選ばれると良いかもしれません。

他にも、自動車事故の対応が、三井ダイレクトであれば素早いという利点があります。
このようなサービスを昔から対応し続けている保険会社の1つなので、事故を起こした時の対応力でも三井ダイレクトは選ばれています。

三井ダイレクトのロードサービス

三井ダイレクトのロードサービスですが、ロードサービスについては他の保険会社とほぼ同質のサービスを提供しています。

なので、簡易的トラブル(バッテリー上がりなど)であれば、無料で修理を行なってもらえるようになっていますし、キー閉じ込みのようなトラブルにも三井ダイレクトは対応しているのです。
また、三井ダイレクトは「オペレーターによるサポートの満足度も高い」ので、ここぞという時の連絡は素早いほうが良い、もしくは、丁寧な対応を行なってくれる保険を探しているという人も、三井ダイレクトと相性が良いです。

ソニー損保

ソニー損保のサービス内容

近年では、自動車保険を保険料以外で判断して、契約される方が増えています。

その理由ですが、「ソニー損保のような優良な自動車保険」が存在するからです。
ソニー損保には、以下のような優良サービスが存在します。

まず、ソニー損保は「他の保険会社と比較して安い料金設定」となっています。
保険料以外で自動車保険を判断することも大事ですが、この点は肝心な情報でもあるので、まずは大まかにソニー損保の保険料について説明します。

ソニー損保は、他の保険会社と比べて「補償内容に差がない場合は、保険料が2万円近く安い」というケースが目立ちます。
なぜなら、ソニー損保は「予約を入れて保険に加入する」場合、もしくは「インターネットからの加入」に対しても割引サービスを用意しているからです。
特に優良運転者に対しては、手厚いサービスを用意しているので、無事故無違反の方は気持ち良く契約できる自動車保険となっています。

しかも、このような手厚いサービスを用意していながら、車両保険に入ってもほとんど保険料が変化しないのです。
なので、少しでも優良な自動車保険を探しているという人は、ソニー損保と相性が良いと言えるでしょう。

他にも、簡単な事故(バッテリー上がり、被害が小さい衝突事故など)であれば、ソニー損保は自己負担なしで保険が適用となる仕組みになっています。
費用の中には、「修理代、レンタカー代」が含まれるので、このようなサポートでお金が必要となるのは嫌・・・という人も、ソニー損保と相性が良い人だと言えます。

ソニー損保であれば、「24時間365日でサポートを受けられる」ようになっていますし、事故後のサポート対応であり、事故現場に駆けつけるまでの速度についても、他の保険会社より良いという評価を得ています。

ソニー損保のその他のサービス

さらにソニー損保では、以下のようなサービスにも対応しています。

ソニー損保は、「走行距離に応じて保険料が安くなる」というサービスを用意しています。
そのため、毎月1000km以内で自動車を走らせている人であれば、他の保険会社より圧倒的に安い料金で保険に加入できるといえます。

他にも、「ゴールド免許を所持している」という条件を満たすのであれば、元々の保険料より保険料が割引になるサービスもあります。
ですから、今まで安全運転を心がけていた人であればあるほど、ソニー損保では得をする仕組みになっているのです。
さらに、ソニー損保は「インターネットからの操作に対応」となっています。
ネット上で相談を行なったり、契約内容を聞く、ブラウザ上で確認するということも、ソニー損保であれば可能となっているのです。