This is first homepage widget area. To customize it, please navigate to Admin Panel -> Appearance -> Widgets and add widgets to Homepage Column #1.
This is second homepage widget area. To customize it, please navigate to Admin Panel -> Appearance -> Widgets and add widgets to Homepage Column #2.
This is third homepage widget area. To customize it, please navigate to Admin Panel -> Appearance -> Widgets and add widgets to Homepage Column #3.

子供の将来を守るための保険です

今は、子供の学費を積み立てるという理由で「学資保険」に加入する親御さんが増えているとか。
私の友人も、子供が生まれたら真っ先に学資保険をかけました。
以前は、学資保険と言うと「郵便局のかんぽ」を選ぶ人が多かった様ですが、現在は多くの人気学資保険が出てきており、必ずしも「かんぽに加入する」と言うわけではない様です。

では、学資保険とはどの様な保険なのか、詳しく見ていきましょう。
子供にかかる学費は、年々増え続けていると言われています。
幼稚園から大学まで、オール県立&国立だったとしても、子供1人にかかる金額は1000万と言われています。
これが、高校や大学が私立になるとボーンと金額が跳ね上がりますし、また小学校や中学校を私立にすると、更に学費は値上がりします。
この状態で子供が3人いるとなると、いかに教育費の確保が難しくなるか解るでしょう。
子供がある程度大きくなったら母親がパートに出て、高校生になったら子供がアルバイトをして自分でお小遣いを稼ぐにしても、それだけじゃ足りないくらいの学費が飛んでいくのです。

「学費が足りないなら、奨学金があるじゃない」と言う人がいますよね。
でも、奨学金は基本的に成績が優秀じゃなければもらうことが出来ないし、後から返済の義務もあります。
本当に頭がよければ、「特待生」として学費を無料にしてもらうことができるかもしれませんが、そこまでできる人と言うのは一握りではないでしょうか。
それに、奨学金は基本的に「借金」ですので、後から返済しなくてはなりません。
初任給のわずかなお給料から、奨学金を返していくというのは本当に大変なことだと思います。

だからこそ、学資保険をかけるのです。
学資保険は、月々決められた保険料を支払うことで、将来にまとまった給付金を受け取ることが出来るという制度。
子供が17歳の時や18歳の時など、一番お金がかかる時期にまとまった給付金をもらうことが出来るのはありがたいですよね。

また、保険によっては途中で「お祝い金」を受け取ることが出来る可能性も。
「お祝い金」とは、小学校入学や中学校入学など、節目に合わせて給付金を受け取ることができるタイプの学資保険です。
どちらにするかはもちろん選ぶことができますので、好きな方を選んでみて下さい。

学資保険は、他にも「大黒柱である父親が無くなった場合、保険料の支払いが免除される」などのメリットがありますので、子供がいる人はぜひとも加入を考えてみて下さい。

障害児の保険、豆知識

今は、子供でも学資保険や医療保険に加入するなどのケースが増加していますよね。
特に、学資保険は今や定番化しており、子供ができたらまず学資保険に加入する、と言う人がいるほど。
そのせいか、学資保険も色々な保険会社から発表される様になり、色々なものを選ぶことができる様になりました。

しかし、ここで問題になるのが「障害児の保険」です。
自分の子供が障害児である人ならわかると思いますが、医療保険や自賠責保険など、障害があると「保険に入ることができない」と言うケースがあります。
障害児だって、病気をしないわけじゃないし、怪我をしないわけじゃない。
なのに、ただ「障害がある」と言うだけで、保険に入ることが出来ないというのは切ないと思いませんか。
特に、知的障害のない発達障害の場合、社会的なサポートを受けることができる訳ではないので、健常者と一緒に社会で働くことになります。
この時、障害があるからと言う理由で保険に入ることができなかったら、大変なことになると思いませんか。

こんな状況の中、障害者でも入ることができる保険が出てきました。
その代表的なものが「ぜんちのあんしん保険」です。
ぜんちの安心保険は、知的障害や発達障害、てんかんの人でも加入できるのが特徴。
これらの障害を持つ人は、「障害がある」と言う理由から、これまで十分な補償を受けることができずにいました。

でも、ぜんちのあんしん保険では、これまでなかなか入ることができなかった医療保障や死亡保障を受けることができる様になっています。
そして、特徴的なのが「権利擁護費用補償」を受けることができること。
万が一、トラブルが起きたときは、障害に関して知識のある弁護士がサポートをしてくれますので、安心なのです。
障害がある人にとって不安なのが、何かが起きた時に自分で反論する術を持たないことがあること。
相手の言うがままになってしまうなどの心配もありますので、弁護士がサポートしてくれるというのはこころ強いですよね。

他にも、障害があっても加入することができる保険は、少ないながらも増えてきている様です。
簡単な医療保険なら、生協の保険の中にも「障害児が加入することができるもの」があるそうですよ。
障害があるからと言って、保険を諦める必要はありません。
探せば、入ることが出来る保険を見つけることができることもあるので、ぜひ諦めずに探してみて欲しいと思います。
保険があるかないかだけで、安心感が違いますよね。

保険の見直し、どうしたらいい?

通常は、1度入った保険にずっと入って保険料を支払い続けていきます。
でも、何らかの事情により、保険の掛けかえを考えている人も少なくないかもしれません。
保険の掛けかえを考えている人とは、どんな状況で「保険を掛け変えたい」と考えているのでしょうか。

これは、私自身が賭けかえをした時の一例です。
私が夫と結婚した時、夫は国内生命保険会社のスタンダードな保険に加入していました。
しかし、内容が独身のものだったので、そこの見直しと、私自身の保険にも加入することになりました。
ここで問題になるのが、「家族保険にするかどうか」という問題でした。
家族保険とは、その名の通り「家族で入ることができるタイプの保険」で、別々に加入するよりも、保険料は安くて済みます。
ですが、「家族保険」だと、加入者が「夫のみ」になってしまう為(当時、夫が入っていた保険会社ではそうだったのです)、夫に何かがあると妻にも保険が残らないという危険性がありました。
「それは困る」と言うことで、私は主人とは全く別に保険に加入することに決め、主人も承諾しました。

この時、私たちが加入した保険と言うのが「更新型」の終身保険。
月々の支払いは2万円以下でした。

しかし、更新型ですから、当然のことながら何年か後に保険料はアップします。
それでも、2人で働いているし、このまま行けば夫のお給料も少しは上がるので、「大丈夫だろう」と勝手に思っていました。
でも、26歳の時に子供を生んだ私は、あまりの忙しさに職場復帰をすることなく退職。
夫の会社は業績が下がり、お給料が上がるどころか、それまでのお給料ももらうことができなくなってしまいました。

このままいくと、私たちの保険は夫が39歳の時に5万円近くになるものでした。
とても払いきることができないと考えた私と夫は、思い切ってその保険会社を解約。
今度は、定期型の「満期まで保険料が変わらないタイプの保険」に変え、今はそれを支払っています。
月3万の保険料は高いですが、更新型のままだと「39歳で5万近く、49歳で7万近く」と言う更新があったので、これに比べたら「安い」と思って決めました。

この様に、人生設計の変化と共に、加入している保険は変えていく必要あると私は思っています。
保険は確かに自分たちを守ってくれるものではありますが、生活を犠牲にしてまで保険料を支払う必要はないと思いました。
今後は、できればずっとこの保険でいきたいと思います。

知ってる?全期型と更新型

保険に加入する時、重要になるのが「全期型」「更新型」のどちらに入るかです。
これは、保険に入るためには非常に重要な選択となりますので、しっかりと覚えておきましょう。

まずは全期型。
全期型とは、保険に加入してから満期になるまで、同じ金額の保険料を支払い続けていくことです。
例えば、25歳で月2万5千円の保険に加入したとします。
この場合、途中で保険料が上がることは無く、ずっと同じ2万5千円を支払うことになります。
将来に渡って同じ保険料ですので、将来設計も立てやすいですし、保険料が値上がりする心配も無く、非常に安心感のある保険であると言えるでしょう。

しかし、この全期型には「若いうちから高い保険料を支払わなくてはならない」と言うデメリットがあります。
結婚して、終身保険などに加入すると、特約次第では「25歳で月2万5千円」もありえる金額です。
でも、大学を出た方なら「社会人三年目」と言う人に、月2万5千円の保険料を支払うことができるでしょうか。
20代だと、月のお給料が20万円を越えない人もいますので、そういう人にとって「月2万5千円の保険料」は非常に高いといわざるを得ません。

全期型の保険料を安くするには、やはり「補償を薄くするなど」の対応をして、保険料を探すしかないでしょう。
でも、この方法を使ってしまうと、いざ「保険を使おう」となった時、保険の内容が薄すぎるということになってしまう可能性もありますので、注意が必要。
特に、一家の大黒柱の場合「何かがあったら家族が路頭に迷う」と言うことがありますので、こちらも注意が必要なのです。

対して、更新型の場合。
これは一定期間ごとに保険の更新があるタイプです。
そして、更新があるたびに保険料が上がっていきます。
更新が上がって保険料が上がるから、「年齢が上がるにつれて保険の内容が充実する」と考える人がいるかもしれませんが、内容は変わりません。
どういうことなのかと言うと、定期型だと長期間になればなるほど月々の保険料が高くなってしまいます。
これだと、保険料の問題で保険に入ることができない人が出てきてしまう為、保険会社は短い期間で安い保険を造りました。
でも、この期間が過ぎて、新しい保険に入りなおすとなると、また保険料が高くなりますので、「更新」と言う方法をとり、保険を継続させることができる様にしたのです。
更新の際に、必要のない特約などを見直すことで、上がる保険料を抑えることもできる様になっています。
しかし、基本的に「年齢が上がるほどに保険料が上がる」と言う仕組みになっていますので、年齢が上がってもお給料が上がらない・もしくは下がったという場合は、維持していくのが大変。

定期型・更新型、それぞれにメリットとデメリットがあります。

今人気があるのは「年金型」の生命保険

生命保険を選ぶ際、色々な保険の種類について調べると思います。
保険には、一生涯の補償である「終身保険」と、保険料は格安だけれど「満期になったら、サービス内容もそのまま切れてしまう「掛け捨て」など、色々な種類がありますよね。
その中でも、特に人気がある保険についてお話をしてみたいと思います。

まず、近年「保険に入りたい」と言う人の注目を集め続けているのが「年金型」の保険です。
あの有名なソニー生命からも年金保険が出ています
終身保険や医療保険に加入している人の中には、それとは別に「年金型」の保険に入っている人もいるほど。
それだけ、今は年金型の保険が注目されているのです。

「年金型の保険」とは、月々の保険料を満期まで払い込むと、一定の年齢から毎月、決められた期間にお金を受け取ることが出来るというタイプの保険です。
つまり、国民年金の生命保険バージョンですね。
今の30代くらいの世代は、「将来年金をもらうことができない」と言う可能性もありますし、もらえたとしても、本当に安い金額になってしまう可能性もあります。
今でさえ、年金が支給されるのは65歳からになっていますよね。
以前は60歳からだったのが65歳に伸びただけでも大変なことなのに、今国会では「70歳からの支給にすればいい」などと議論され、ますます年金に関する危機感は高いものになっています。

このせいもあり、国民の年金不信は非常に深いもので、国民年金の場合は年金の支払いを拒否する人が増加するなど、社会問題になっているとか。
年金を支払うことは国民の義務ですが、将来自分がもらえるかどうかわからないのに、年金を支払わなければならないというのも、なんだか・・・ですよね。
年金と言うのは、将来の自分の為に払うわけではなく、今のお年寄りを支える為に払うものですが(国民年金基金に加入していれば、それは自分の為に払うことになりますが)、将来年金がもらえるのか?と考えると、暗い気持ちになってしまう人も多いみたいです。

だからこそ、生命保険会社が売り出している「個人年金保険」の人気が高まっている訳です。
生命保険会社の個人年金は、自分の将来のためにかける保険ですので、自分の為だけに使うことが出来るというのが人気のポイント。
将来の「年金」に不安を感じている人が、数多く選ぶ保険になっているのは、この為です。
個人年金は決して安い保険ではありませんが、それでも「加入したい」と言う人が増加し、今ではほとんどの保険会社で加入することができる様になっています。
今後「保険選びをしたい」と言う人は、ぜひ1度「個人年金保険」について調べてみてはいかがでしょう。