医療保険とは

医療保険とは

医療保険とは、「怪我、病気の際に病院で診療を受けた場合、治療費などを保険で支払える」という保険のことです。

また、生命保険との違いは「限られた病気に対して有効であるかどうか」です。
生命保険の場合は、特約を保険に追加することで、重い病気(三大疾病など)にかかった際も手厚いサービスを受けられるようになっています。

逆に医療保険の場合は、「あらゆる怪我、病気に対しても有効」となっており、診療を受けた場合に5000円、入院、通院では10000円というふうな形で保険金が支払われるようになっています。
他にも、医療保険だけの特徴がありますので、以下を参考にして医療保険に詳しくなってください。

まず、医療保険は「高齢者でも入ることができる」という仕組みになっています。
当たり前のように感じますが、医療保険以外の保険は「あらかじめ健康診断、持病の確認が必須」となっておりますので、加入条件を満たせない人では入ることができません。

ですが、医療保険は入院、通院の世話も行なってくれる保険となっているので、重い病気を持っていない人であれば、医療保険に加入することは容易です。

他にも、医療保険は「病気の種類によって、保険金の金額が変動する」仕組みになっています。
そのため、急に重い病気にかかってしまい、通院期間が長くなった・・・という場合でも、医療保険であれば速やかに通院期間に適した保険金を受け取れるのです。

医療保険だけの特徴的なサービス

医療保険だけの特徴的なサービスでは、「貯蓄型の保険が存在する」という特徴があります。

近年では、生命保険、医療保険のどちらにも「掛け捨て型、貯蓄型」が存在しますが、長く保険に加入される人は貯蓄型を選ぶケースが目立ちます。
というのも、貯蓄型は掛け捨て型より保険料が高いのですが、その代わり、一定期間しっかりと保険料を支払っている人であれば、「ボーナスが支払われる」仕組みになっているからです。

ボーナスとは、掛け捨て型にはない制度で、今までに支払った保険料の一部が貯蓄という形で返還されるサービスのことです。
5年で10万円・・・というふうに、かなり高いボーナスが発生する貯蓄型も存在します。

後、医療保険であれば「持病を持っている人でも入れる保険が存在する」、という強みがあります。
従来の生命保険であれば、このような対応をとることができません。

というのも、高齢者であればあるほど重い病気に悩まされている人が多く、且つ、寿命が短い高齢者も多いため、保険の支払いが多くなりやすいからです。
しかし、医療保険の場合は「従来の保険よりも保険料を上乗せする」という対応だけで、医療保険に加入できるようになっています。