介護保険のメリットとデメリット

民間の介護保険の加入率

今後自分も介護が必要になる可能性は十分に考えられ、いざという時に公的な介護保険では費用をまかなえないかもしれない、と考えている人は多いようですが、民間の介護保険の加入率はまだ高いとはいえないのが現状です。
民間の介護保険においてもそこまで商品が充実しているわけではないため、加入はまだ早いと感じている人もいるでしょうし、「なんとかなるだろう」と思っている人もいるかもしれません。

民間の介護保険に加入するにあたり、メリットとデメリットをしっかり抑えた上で検討したいですよね。
ここでは、保険会社が提供する介護保険のメリットとデメリットについて考えていきます。

民間介護保険のメリット

公的介護保険は、介護サービスの9割を負担してくれるというシステムですので、保険といえど現金が支給されることはありません。
1割負担になるだけでもありがたいのかもしれませんが、介護を受けている間は収入がない人がほとんどでしょうし、それでも生活費は必要です。

民間介護保険は、保険料を現金で受け取ることができるので、収入を得ることができない高齢者にとっては、とても大きなメリットになります。

そのほか、プランによっては終身で年金が保障されるものもありますので、死ぬまで保険料を受け取ることができるという点も、要介護者が生きていく上でとても心強いです。
それぞれのニーズに合わせた介護プランを利用すれば、死亡給付金や介護一時金など、自分が必要な時に保険料を受け取ることもできます。

民間介護保険のデメリット

民間介護保険を利用するデメリットは、保険料を毎月支払わなければならないという点です。
これは当然のことなのですが、絶対に必要かわからない介護のために保険料を毎月支払うのは、リスクがあると感じる人もいます。

介護を受ける前に病気で死亡してしまうかもしれないし、死ぬまで介護を必要とすることはないかもしれない。
こうした場合は貯蓄型のプランに加入しておけば損はないかもしれませんが、毎月の保険料がかなり高くなってしまうので、やはりリスクがあります。

そのほか、生命保険などに特約として介護保険を付与している場合、ほかの保険を利用して補償金を受け取ってしまうと介護保険を受け取ることができないなどの条件が設定されているプランもあるようです。
いくつかの保険に特約を利用してセットで加入していた場合、どれかの保障を受けることで介護保険をの保障も終わってしまうのでは、今まで支払った保険料はムダになってしまいます。

介護保険はまだ商品が充実していないので、プランをしっかり確認しておかないと、いざというときに補償金を受け取れない可能性も考えられるのは、加入においてのデメリットだといえるかもしれません。