アフラックの介護保険

介護保険の内容について詳しく知りたい

今後自分が介護を必要とする身になったときのために、介護保険への加入を検討している人は多いと思います。
しかし、公的な介護保険ではなく民間の介護保険になると、どのようなプランがあり、どんな形で補償金を受け取ることができるのか理解しにくいという人もいるようです。
そこで、ここではアフラックの介護保険の概要をご紹介していきます。

その場のニーズで支払い方法を選べる介護保険

アフラックの介護保険「スーパー介護年金プラン」は、自分が介護を受ける立場になった時に費用が心配だという人、また自分を介護してくれる人への負担をできるだけ減らしたいという人のために発売された商品です。

アフラックの介護保険のポイントは、65歳になったときに補償金の支払い方法を選ぶことができるという点。
介護を受けるためにお金が必要なのか、それとも介護を受けている間の生活費に備えたいのかなど、その時必要になることを想定して支払い方法を選ぶことができます。

保険の満期年齢は65歳がメインですが、プランによっては70歳、75歳と選ぶことも可能です。
保険開始から介護年金の支払い期間は10年で、介護保険の補償金が降りる前に契約者が死亡した場合は、保険料の払込年数に応じた補償金が支払われます。

支払い方法は選択したプランによって異なりますが、例えば「介護保証プラン」の場合、痴呆症や寝たきりなど、所定の条件を満たしている上であれば、介護一時金として60万円を受け取り、その後年額60万円の補償金を10年間受け取る形になります。

「公的介護保険制度連動年金プラン」の場合、75歳で介護保険の認定を受けた人は、10年間で140万円弱の年金を受取ることが可能です。
この場合の戻り率は100%を超えますので、長い期間はかかりますが元本割れしないという点ではメリットがありますね。

「確定年金プラン」は、65歳から10年間年金を受け取る場合で、110万円弱の年金を受取ることができます。
この場合の戻り率は約84%ですので、元本割れしてしまいますが、どんな状況でも受け取ることができるという点は利点です。
これらの支払い方法においても、その時の自分の状況がどうなっているかというのがポイントになりそうですね。

資料請求でホームページにはない情報を得られる?

「スーパー介護年金プラン」は、アフラックのホームページにて詳しいプラン内容が記載されていますが、ホームページから資料請求をしたり、最寄りの保険代理店で説明を受ける予約を入れることもできます。
資料にはホームページに記載されていない情報をチェックすることもできるそうなので、ホームページで介護保険についてよく理解できなかったという人は、資料請求をしてみるとよいでしょう。