子供の将来を守るための保険です

今は、子供の学費を積み立てるという理由で「学資保険」に加入する親御さんが増えているとか。
私の友人も、子供が生まれたら真っ先に学資保険をかけました。
以前は、学資保険と言うと「郵便局のかんぽ」を選ぶ人が多かった様ですが、現在は多くの人気学資保険が出てきており、必ずしも「かんぽに加入する」と言うわけではない様です。

では、学資保険とはどの様な保険なのか、詳しく見ていきましょう。
子供にかかる学費は、年々増え続けていると言われています。
幼稚園から大学まで、オール県立&国立だったとしても、子供1人にかかる金額は1000万と言われています。
これが、高校や大学が私立になるとボーンと金額が跳ね上がりますし、また小学校や中学校を私立にすると、更に学費は値上がりします。
この状態で子供が3人いるとなると、いかに教育費の確保が難しくなるか解るでしょう。
子供がある程度大きくなったら母親がパートに出て、高校生になったら子供がアルバイトをして自分でお小遣いを稼ぐにしても、それだけじゃ足りないくらいの学費が飛んでいくのです。

「学費が足りないなら、奨学金があるじゃない」と言う人がいますよね。
でも、奨学金は基本的に成績が優秀じゃなければもらうことが出来ないし、後から返済の義務もあります。
本当に頭がよければ、「特待生」として学費を無料にしてもらうことができるかもしれませんが、そこまでできる人と言うのは一握りではないでしょうか。
それに、奨学金は基本的に「借金」ですので、後から返済しなくてはなりません。
初任給のわずかなお給料から、奨学金を返していくというのは本当に大変なことだと思います。

だからこそ、学資保険をかけるのです。
学資保険は、月々決められた保険料を支払うことで、将来にまとまった給付金を受け取ることが出来るという制度。
子供が17歳の時や18歳の時など、一番お金がかかる時期にまとまった給付金をもらうことが出来るのはありがたいですよね。

また、保険によっては途中で「お祝い金」を受け取ることが出来る可能性も。
「お祝い金」とは、小学校入学や中学校入学など、節目に合わせて給付金を受け取ることができるタイプの学資保険です。
どちらにするかはもちろん選ぶことができますので、好きな方を選んでみて下さい。

学資保険は、他にも「大黒柱である父親が無くなった場合、保険料の支払いが免除される」などのメリットがありますので、子供がいる人はぜひとも加入を考えてみて下さい。