親に万が一のことがあった場合でも

子供を育てていく上で、多くの人が一度は「親に万が一のことがあったら」と言う心配をするのではないかと思います。

子供を育てるには、とてもお金がかかりますよね。

生まれたときはオムツやミルク代(母乳が出ればそこまでお金はかかりませんが)、もう少し成長すれば幼稚園代や保育園代、小学校に入る時はランドセルや教材を買わなくてはいけませんし、月々に少しずつではありますがお金がかかります。

何より、子供といえば教育費が重いでしょう。

今、すべて公立→国立のルートで進んだとしても、子供一人につき1000万円かかります。

これが、私立となると2000~3000万もくだらないと言われているので、子供を生むということは、どれだけお金がかかることなのだろうか…と思ってしまいますよね。

このお金を支えるのが誰かというと、それは「親」なわけです。

親が精一杯必死に働いて、子供が自立するまで支える。

しかし、親に途中で何かがあったら、どうなるでしょう。

 

▼学資保険なら、親に万が一のことがあっても大丈夫

親に何かがあったとしても、多くの人が「子供の学費だけは確保したい」と考えるものです。

そんな時、学資保険に入って入れは「月々の保険料が免除された上で、予定していたお金は受け取ることができる」というメリットがありますので、オススメ。

月々の安全を買うことができる保険として、本当に安心できる保険です。

 

親御さんの中には、「将来の学費」という意味よりも、「何かあったときにかかるお金」として、学資保険に加入する例も多く、たくさんの親御さんが学資保険を頼りにしていることが解ります。

アフラックのように、子供が生まれてから加入することができる学資保険もありますので、そういう保険だと、より将来に対する安心感が大きいかもしれませんね。

生まれる前から保険をかけることができると、保険料も安くなりますので、「保険料の節約」という意味でも、非常に大きいと思います。

 

学資保険を準備しておくことで、子供の将来がより安心できるものになるのではないでしょうか。

学資保険なんて、かける余裕はないと思われるかもしれませんが、学資保険があるのとないのとでは、将来に対する安心感がまったくことなります。

また、何かがあったときに「子供に何もしてやれない」ということもなくなるので、将来に対して保険をかけるという意味で、加入をしておくといいかもしれませんね。

学資保険は、将来に受け取る金額次第で安くも高くもできますので、家計に負担のない範囲で保険料を設定してみてくださいね。