セゾン自動車火災保険

じぶんでえらべる火災保険

保険会社では、ほぼすべてといってよいほど火災保険の保険商品を販売していますね。
「セゾン自動車火災保険」では、「じぶんでえらべる火災保険」という商品を展開しています。
この火災保険は、加入者に必要な補償を加入者自信が自分で選ぶことで、余計な補償がついてコストが高くなってしまうことを防ぎ、シンプルにかつコストを下げながら火災保険に加入できるという点がポイントです。

じぶんでえらべる火災保険の「売り」

「じぶんでえらべる火災保険」には、3つのポイントがあります。
ひとつは前述したように、保険の補償内容を自分で選べるという点です。

多くの場合、火災保険は保険会社の側で補償内容が設定されていて、加入にあたってはそれをカスタマイズすることは不可能ですので、設定された条件で入らなければなりません。
「じぶんでえらべる火災保険」は、加入者が必要だと思う補償をチョイスすることができるため、シンプルにすればその分コストを下げることができます。

基本補償として、火災と落雷、爆発においては最初から設定されているのですが、盗難や水災、雪災などにおいては地域や住居タイプによって必要がない場合もあります。
こうしたものをつけず、逆に車が衝突した際の衝突補償はつけたいなど、ほかの補償を自分で選ぶことができるのですね。

次のポイントは、補償金が支払われる際に、時価ではなく新価で受け取ることができるという点です。
築年数が経過している場合、補償金が時価で支払われるとなると、建て直しの時に費用が大幅に足りなくなってしまうことがあります。
新価であれば、新築時と同じ規模に修復、もしくは建て直しができますので、もしものときも安心です。

3つ目のポイントは、家財保険に関する保証料文字分で設定できるという点。
保険会社が設定している補償金はいらないから、その分保険料を安くしたいという時に、自分が必要としている補償金に合わせた保険料を設定することができます。

入ってよかったという声が多数

自分で保険内容をカスタマイズできるということから、加入者の「入ってよかった」という声が多いようです。
保険はもしものときに備えて加入するのは当然だけれど、保険料が高いと家計を圧迫してしまう可能性があります。
無理なく安心できる保険に加入できるというのは、加入者はとても助かりますね。

インターネットで保険内容をシュミレーションし、保険料を算出することができるシステムもありますので、営業担当に相談しなくても気軽に検討できるという点も高評価を得ているようです。
ほかの保険会社でも、ホームページで保険のシュミレーションができるところは多いので、比較しながら加入する保険を検討してみるとよいと思います。