一般向け!火災保険選びのポイント

火災保険の契約内容を正しく理解できていますか?

火災保険の補償内容や補償金の支払い条件について、いろいろな誤解をしている人が多い用です。
契約内容や補償についてはしっかりと理解しておかないと、いざ災害が起きたときに保険会社とのトラブルに発展してしまう可能性もあります。
そこで、火災保険の契約に関わる誤解されやすい点や、そのほか気をつけたいことについてまとめてみました。

一般的に多い契約内容の勘違いとは

火災における補償金の支払いにおいて、「全焼」の判断に対して誤解している人は多いです。
完全に建物が焼失されていないと全焼扱いにはならないため、柱一本でも残っていたら補償金が満額降りない、といった認識をしている人は多いようですが、これは間違いです。

補償金が満額降りる基準としては、全焼はもちろんですが、消失した建物の修復にあたり、補償している金額よりも実際の修理費などが上回ると判断された場合には、補償金は満額支払われます。
これを「経済的全損」といい、今は多くの保険会社でこうした基準を設けています。

ちなみに、地震保険においては火災保険と判断基準が異なることがありますので、注意が必要です。
地震保険で判断される建物の「全損」は、建物の主要構造部の半分以上に損害が出ている場合、また延べ床面積の7割以上に損害が出ている場合に全損と判断されます。

次に、地震に伴い火災が発生することが十分に考えられるのですが、原因が地震よる火災の場合でも、火災保険が適用されるという認識の人が多いようですが、これは間違いです。
地震によって発生した火災は、火災保険は適用されず、これは地震保険によって補償されます。

地震による火災以外でも、地震発生において想定される損害はかなり大きいです。
しかし、「大丈夫だろう」と思って加入していない大家さんは意外と多いのが現状。
建物が全損してしまう可能性は低いとしても、損害を受けて回復に費用が発生する可能性は十分考えられます。
不動産投資をしている大家さんは、地震保険は加入しておいたほうがよいと思います。

火災保険で落雷で受けた損害は補償される

落雷で住宅に損害を受ける可能性はそう高くはないかもしれませんが、もし損害を受けてしまった時に、火災保険で補償を受けられないと思っている人が多いようです。
火災保険には基本の補償として、落雷による損害は補償対象となっていますので、万が一のことが発生した場合は、補償金が降ります。
これは自宅に直接落雷があったわけではなく、近所に雷が落ちた場合も同様です。

このように、火災保険に関してはいろいろな認識の相違があるようですので、今一度契約内容や補償内容についてきちんと確認し、もしもの時にしっかり補償が受けられるよう備えておくことをおすすめします。