病気になりにくい仔も

いざという時にとても役に立つ保険。
種類にもよりますが、まったく病院のお世話になることなく一生を過ごす仔ももちろんいます。
ペットが病院にかかる状況というのは、主に病気になったときが多いでしょう。
他にも予防接種や健康診断のような予防に関してや、あるいはけがや皮膚の病気など外科的な要因と言う場合もあるでしょう。

このうち、予防接種や健康診断などの場合は、保険に入っていたとしても利用することはできません。
なぜなら、ペット保険というのはペットの急な病気やけがに対応するためのものであって、
健康なペットが健康を維持するために行うものである予防接種はその対象にはならないというわけなのです。
予防接種以外の病気治療などの場面においては、保険は大きな威力を発揮します。

人間の病気や怪我の治療には、公共の医療保険の制度が整備されています。
多くの人は2割とか3割という、実際に必要な費用よりもずっと安く治療を受けることができます。
年齢によっては自治体が負担するということもありますよね。
ところが、ペットの場合は自分から保険に入らない限り全額飼い主側の負担となり、かかった医療費をすべて払わなければなりません。
これがペットの医療費が高価である原因というわけなのです。

こういった高額な医療費をいざという時に支払うことを回避するために保険に入ろうとしても、今度はペット保険の毎月の支払というのが発生します。
もともとの医療費が高いペットですから、その保険の料金というのも決して安いとはいえません。

それだけに、本当にペット保険に入るべきなのかどうかという点で悩んでしまう飼い主さんはとても多いようです。

仮に保険に加入していたとしても、それを使うことなく保険料だけをおさめて一生が終わるケースもあるのです。

そのような状況をもったいないと考えるか、それともそれはそれで構わないと考えるのかは飼い主さんの価値観によるところが大きいでしょう。
なかにはずっと病気をせずに過ごして、晩年になって医療費が必要となるケースもあります。
そうなったときへの備えなども含め、「つかわないならそれはそれで良し」と考えるのであれば、ペット保険はとても有効なものとなるでしょう。

ペットの医療費はとても高い

ペットを飼う人、にペット保険が欠かせないものとなっている理由のひとつに、ペットの医療費の高額さがあります。

人間が病気になって病院にかかった場合、日本では医療保険が適用された価格で、診察や治療を受けることができます。
つまり、実際に診察や治療、処置や検査といった医療行為にかかる費用のうちの一部だけを患者さん自身が支払って、残りは公的に補助されるという仕組みです。

そして、それを支えるのが毎月給料から天引きされたり、あるいは自分で支払っている国民健康保険や組合けんぽといった保険料です。
これらは払わなければならないと決められており、その保険料が毎月の負担になっていると感じる人もいるかもしれませんが、病気をした時にこれらの保険制度がなかったら、一体いくらのお金が必要なのかを考えると、やはり必要なものであることがよく分かるはずです。

しかし、ペットのような動物には、こういった公的な保険制度はありません。
そのためペットが病気になって動物病院を受診すると、とても高い診察費がかかるのです。
さらに注射や点滴と言った処置を行えば、一度に数万円のお金が出ていってしまうということも珍しい話ではないのです。
よって、ペットの治療のために人間が一生懸命に節約をしたり、生活費を削らなくてはならないという状況がおきることも少なくありません。

とはいえ、かわいいペットの健康にかかわることですから、いくら費用がかさむからといって、削るわけにはいかない費用です。
だからこそ、毎月の積み重ねでいざという時に、飼い主もペットも安心して治療を受けることのできるペット保険が必要となるというわけなんですね。

「うちの子は体が大丈夫だから必要ない」と考えている方もいるかもしれませんが、動物というのは必ず年をとります。
若い頃には元気で丈夫であり、一度も病気をしたことのなかった犬や猫であっても、やはり年齢を重ねることで体の不調が表れ、通院が必要となることもあるのです。

そんなときに、保険に入っていないと思いがけない高額な医療費に驚くことになります。

たとえば15歳までほとんど病気をせずに生きてきた猫が、晩年になって体が弱り、15歳から20歳まで毎日点滴が必要な状態で過ごした…などということもありえるのです。
どんなときでもペットを大切にして、最後まできちんと飼うためにも保険が必要なのです。

誰かに迷惑をかけてしまった時に

▼ペットのトラブルも多いです

家族同然のペットですから、トラブルを起こすことなんて信じられない、という飼い主さんも多いでしょう。

しかし、ペットをめぐるトラブルというのは決して少なくなく、問題になることも多いのです。

どんなに家族になついているペットだったとしても、他の誰かに怪我を負わせてしまう可能性がないとは言えないのではないでしょうか。

「この子は大人しいから」といって、リードをつけずに散歩をさせる人がいます。

そういう犬が、他の人に向かっていって、相手からとても怒られたという話を聞くこともあります。

それが人懐こい犬で、単にかまってほしくてよっていったのだとしても、犬嫌いの人にしてみれば「襲い掛かってきた」ということになりかねません。

この状態が、トラブルを起こしてしまう可能性もあります。

 

▼ペットが怪我をさせてしまったら

実際に、ペットが人に怪我を負わせてしまったという事件はあとをたちません。

たとえば、何らかの拍子に通行人に噛み付き、怪我をさせてしまったというトラブルはよくききます。

犬に噛み付かれると怪我をするだけでなく、狂犬病や破傷風のワクチンを打たなければならないなど、本当に大変なことになってしまう可能性があります。

この様な場合、飼い主が責任をもってペットのやったことのお詫びをしなくてはなりません。

かかった医療費を払うなどということは当たり前のことですので、この治療費の捻出のために、保険に入っておくというのは悪くない方法です。

ペットがやったことのすべては飼い主の責任。

だからこそ、「万が一」を考えて、保険に加入しておく必要があるのです。

 

▼身をまもるためだけでない保険

保険とは、ペット自身の身を守るためだけにあるのではありません。

ペット保険と言うと、ペット自身の病気や怪我に備えてと考える人が多いと思いますが、実はそれだけでなく、ペットが何らかの迷惑をかけてしまったときのために入ることもあります。

例えば、ペットが噛み付いて人に怪我をさせてしまった。

物を壊してしまった。

その様な時に責任をとるために、保険が存在します。

どんなに大人しいペットでも、完璧なペットはいません。

何かの拍子で、人に怪我をさせてしまうペットがいないとも限りません。

だからこそ、こうしてペットのための保険に加入しておく必要があります。

ペット保険は決して安くありませんが、ペットのことを考えるなら、一度は加入を考えてみてもいいのではないでしょうか。

ペット保険の必要性

最近は、ペットに保険をかける人も増加しています。

そして、ペット保険についても、色々なところで見かけることができる様になってきていますよね。

どうしてペット保険が必要なのかについて、考えてみたいと思います。

 

▼ペットが病気をすると、お金がかかる

ペットをどんな風に飼っているかは人それぞれ。

でも、多くの場合、「ペットは家族の一員であり、万が一の時には、できることは何でもやってあげたい」と思う様です。

そう、ペットは飼い主にとって家族同然。

だからこそ、食事にだって気をつけるし、犬であれば定期的に散歩をさせるなどして、健康に気を配ってあげる必要があります。

でも、どんなに気を配っていたとしても、ペットというのは思わぬところで病気になるものです。

若いうちは病気や怪我がない動物も、お年寄りになると思わぬ病気をする様になってしまった…そんなことはありませんか?

年齢を重ねると、病気をしやすくなってしまう。

それは、ペットも人間も同じである様です。

小さな病気から大きな病気まで、動物がなってしまう可能性がある病気は様々。

時には、「たいしたことがない症状だと思っていたら、あっという間に症状が悪化してしまい、驚いた」ということもあります。

この様な場合、飼い主はペットに対して「きちんとした治療を施してあげたい」と思うでしょう。

人間が病気になったら病院に行く様に、ペットだって、病気になったら病院に行きたいというのは当たり前のことかもしれません。

でも、保険に入っていない動物が病院に行くと、その診察台はとても高いです。

 

▼どうしてペットの治療費は高いのか

私たち人間が病院に行く場合、保険に入っていますので、医療費の負担は3割ほど。

あとの7割は、加入している保険会社が払ってくれるというシステムになっています。

しかし、ペットの場合はその保険がありませんので、治療をするとなれば10割すべてを負担しなければなりません。

このことが、治療費の高さに繋がっているのです。

そこで誕生したのが、「ペット保険」。

ペットに万が一のことがあった時に、使うことができる保険のことです。

ペット保険に入っていれば、万が一の時も保険を使うことができますので、オススメなのです。

 

ペットに何かがあったとき、やれることのすべてをやってあげたいと考えている人に、ペット保険は本当にオススメ。

何かがあった時に備えたいという人は、ぜひともペット保険への加入を考えてみてほしいと思います。

ペット保険は、早くから加入していれば、安い金額で加入することが出来る場合もありますので、加入をするなら早い方がいいかもしれません。

 

ペットファミリー「ぺっと保険げんきナンバーワン」

ペットとは、ただの動物ではなく、飼い主にとっては「一緒に人生をやっていく仲間」になるのではないでしょうか。
ペットを飼っている人は、みんな声をそろえてこう言います、「ペットは一緒に人生をやっていく存在だ」と。
だからこそ、ペットの為に色々なことをしてあげたいと思うし、家族と思うからこそ「万が一の時には、できるだけのことをしてあげたい」という気持ちも沸いてくるでしょう。
ペットは本当にかわいい存在で、大切な存在。
そんなペットたちに、「ペット保険」をかけるという人が増加しています。

ペット保険は、既に色々な保険会社から発売されていますが、中でも有名なのが「ペットファミリー」と言う企業が出している「ぺっと保険げんきナンバーワン」と言う保険。
ペット保険にはたくさんありますが、やはり上位で支持されている保険にはそれなりの意味があります。

この保険の良さは、なんと言っても「高額医療に関しても補償対象になる」と言う点。
人間が癌になれば高額医療を施すように、犬や猫だって病気になれば高額医療が必要になることがありますよね。
でも、高額医療はその名のとおり「とっても高い」ので、保険に加入をしておくことで、万が一の時に負担する金額を軽減することができるのです。
高額医療と言うと、「お金が無くて、きちんとした治療を受けさせてあげることができない」と言う場合も出てきますが、保険にさえ入っていれば、可能性が出てきますよね。

この様に、ペットの「万が一」に備えておくというのは、とても大切なことになるのです。

このペット保険は、終身なので生涯に渡ってかけ続けることができることもポイント。
更新すれば、ずっと保険にペットを入れておくことができるので、何かがあった時でも安心です。

ペットは、人間よりずっと早くに老後を迎えます。
そして、人間がそうである様に、ペットも年寄りになればなるほど病気や怪我をしやすくなるでしょう。
ペットが老後を向かえ、病院での治療が必要になった時にどうするか。
そのことを考えた上で、必要だと思ったら、ペット保険に加入しておくと良いと思います。

人間の保険もそうですが、保険は「いざと言うときのためのもの」。
できれば、その「いざ」は無い方が良いのですが、もし何かがあった時、やはり保険に入っているのとそうでないのとではやれることが違ってくるのではないでしょうか。
ペットにできるだけのことをしてあげたい・・・という人に、ペット保険は非常に頼れるものになると思います。