親に万が一のことがあった場合でも

子供を育てていく上で、多くの人が一度は「親に万が一のことがあったら」と言う心配をするのではないかと思います。

子供を育てるには、とてもお金がかかりますよね。

生まれたときはオムツやミルク代(母乳が出ればそこまでお金はかかりませんが)、もう少し成長すれば幼稚園代や保育園代、小学校に入る時はランドセルや教材を買わなくてはいけませんし、月々に少しずつではありますがお金がかかります。

何より、子供といえば教育費が重いでしょう。

今、すべて公立→国立のルートで進んだとしても、子供一人につき1000万円かかります。

これが、私立となると2000~3000万もくだらないと言われているので、子供を生むということは、どれだけお金がかかることなのだろうか…と思ってしまいますよね。

このお金を支えるのが誰かというと、それは「親」なわけです。

親が精一杯必死に働いて、子供が自立するまで支える。

しかし、親に途中で何かがあったら、どうなるでしょう。

 

▼学資保険なら、親に万が一のことがあっても大丈夫

親に何かがあったとしても、多くの人が「子供の学費だけは確保したい」と考えるものです。

そんな時、学資保険に入って入れは「月々の保険料が免除された上で、予定していたお金は受け取ることができる」というメリットがありますので、オススメ。

月々の安全を買うことができる保険として、本当に安心できる保険です。

 

親御さんの中には、「将来の学費」という意味よりも、「何かあったときにかかるお金」として、学資保険に加入する例も多く、たくさんの親御さんが学資保険を頼りにしていることが解ります。

アフラックのように、子供が生まれてから加入することができる学資保険もありますので、そういう保険だと、より将来に対する安心感が大きいかもしれませんね。

生まれる前から保険をかけることができると、保険料も安くなりますので、「保険料の節約」という意味でも、非常に大きいと思います。

 

学資保険を準備しておくことで、子供の将来がより安心できるものになるのではないでしょうか。

学資保険なんて、かける余裕はないと思われるかもしれませんが、学資保険があるのとないのとでは、将来に対する安心感がまったくことなります。

また、何かがあったときに「子供に何もしてやれない」ということもなくなるので、将来に対して保険をかけるという意味で、加入をしておくといいかもしれませんね。

学資保険は、将来に受け取る金額次第で安くも高くもできますので、家計に負担のない範囲で保険料を設定してみてくださいね。

学資保険、人気のところならアフラック!

近年、特に人気が上がってきている学資保険の中に「アフラック」があります。
アフラックは、医療保険の人気も非常に高まってきていますが、その中でも特に人気なのが「学資保険」。
学資保険は色々な保険会社から販売される様になりましたが、中でもアフラックの学資保険は大変な「人気があり、本当に多くの人からの支持を受けています。

ここで、「どうしてアフラックの学資保険が人気なのか」についてお話をしてみようと思います。

まず、アフラックの学資保険の特徴として、「子供を出産する140日前から加入することができる」と言う点。
学資保険というと、子供が生まれてから加入するというイメージがありますが、アフラックは子供が生まれる前から学資保険の申し込みをすることができますので、とても便利。
子供が生まれてから保険に加入するとなると、子育ての合間に時間を作らなければなりませんが、子供が生まれる前なら比較的時間がありますので、ゆとりを持って学資保険に加入することができますよね。
この様なことも、アフラックが愛されている理由のひとつです。

また、ソニー生命と同じく「元本割れしない生命保険である」と言うことも挙げなければなりません。
学資保険を選ぶ上で、「元本割れがしないかどうか」というのは非常に重要なチェックポイントになりますので、きちんと調べておく必要があります。
学資保険を選ぶ際、「親戚に保険会社の外交員がいるから」「友達が加入しているから」と言う安易な理由で入る先を選んでしまう人がいますが、これはNG。
もし、その保険が元本割れをしてしまうようなタイプのものならどうしますか?
それでもいいなら良いですが、もし「元本割れは嫌だ」と思うなら、別のものを選んだ方が良いですよね。

そして、アフラックの学資保険のいいところとして「石の診断が不要である」と言うことが挙げられます。
契約者(多くは父親)が条件さえ満たしていれば、子供の状態は問われません。
この事から、障害を持っている子供でもしっかりと入ることができるというメリットがあるのです。
障害を持っている場合、子供の保険はどうしても制限されてしまいがちですが、アフラックなら学資保険には入ることができますよ。
この様に、メリットが非常に大きい学資保険だからこそ、アフラックは非常に高い人気があるのです。
今後「生命保険に入りたい」と考えている人には、やはりアフラックの学資保険をオススメしたいですね。

愛され保険の代表!ソニー生命

学資保険の代表格と言えば、やはりソニー生命です。
一時期、節約系の主婦ブログを見る機会がありましたが、そこで「良い!」と大変な人気があったのがソニー生命。
上位の節約ブロガーたちが、こぞって「良い!」といったのがこの保険なのです。
「学資保険と言えばソニー生命」と言う人がいたほど。
半分は、口コミによる評判で人気が高まったと言っても良い保険なのではないでしょうか。
今でも、学資保険の中では大変な人気がある保険として定着しており、数ある保険の中でも上位にランクインするほどの愛され度です。

どうしてソニー生命の学資保険が人気か。
それは、まず「元本割れをしないこと」が挙げられるでしょう。
それまで、学資保険と言えば「多少の元本割れは当たり前」でした。
学資保険というのは、「加入者(大抵の場合父親)に万が一のことがあった場合、保険料の支払いが免除される」とか、「確実にある程度の額を貯めることができる」と言う理由で入ることが多かったのです。
だからこそ、「多少の元本割れはしょうがない」と考える人もいました。

しかし、ソニー生命の学資保険は違います。
ソニー生命は、保険の内容はとてもシンプルですが、その代わり108.9以上の返戻率を誇ります。
つまり、「払った以上に戻ってくる金額が高い」と言うこと。
どうせ学費をためるなら、一円でも多く貯めたい・・・と言う人にオススメの保険なのです。

このことが大変な人気となり、世の中の母親たちの心を捉えました。
元本割れせず、それ以上にお金が戻ってくるという保険は、今でも決して多くはありません。
もちろん、ソニー生命では「満期年齢」「お金を受け取ることができる年齢」に関しても自分で選択することができますので、子供や親の人生設計に合わせたプランを選ぶことができる・・・と言う点も魅力。
あらゆる意味で、お得な保険であることは間違いないでしょう。

自分の人生設計に悩む人の為に、ファイナンシャルプランナーが相談にも乗ってくれますので、アドバイスを求めるのも良いでしょう。
ファイナンシャルプランナーは資産運用のプロ。
将来に渡ってのお金の収支を考えるなら、まず話を聞いておきたい相手です。
「どんな保険に入って良いか解らない」と言う人でも、ファイナンシャルプランナーのアドバイスを受けることで、「こういう保険が良いのかな」などと考えるきっかけになりますので、ぜひ相談をしてみて下さい。

ソニー生命では、電話やインターネットで申し込みをすることもできます。
悩んでいる人は、1度相談をしてみるといいかもしれませんね。

子供の将来を守るための保険です

今は、子供の学費を積み立てるという理由で「学資保険」に加入する親御さんが増えているとか。
私の友人も、子供が生まれたら真っ先に学資保険をかけました。
以前は、学資保険と言うと「郵便局のかんぽ」を選ぶ人が多かった様ですが、現在は多くの人気学資保険が出てきており、必ずしも「かんぽに加入する」と言うわけではない様です。

では、学資保険とはどの様な保険なのか、詳しく見ていきましょう。
子供にかかる学費は、年々増え続けていると言われています。
幼稚園から大学まで、オール県立&国立だったとしても、子供1人にかかる金額は1000万と言われています。
これが、高校や大学が私立になるとボーンと金額が跳ね上がりますし、また小学校や中学校を私立にすると、更に学費は値上がりします。
この状態で子供が3人いるとなると、いかに教育費の確保が難しくなるか解るでしょう。
子供がある程度大きくなったら母親がパートに出て、高校生になったら子供がアルバイトをして自分でお小遣いを稼ぐにしても、それだけじゃ足りないくらいの学費が飛んでいくのです。

「学費が足りないなら、奨学金があるじゃない」と言う人がいますよね。
でも、奨学金は基本的に成績が優秀じゃなければもらうことが出来ないし、後から返済の義務もあります。
本当に頭がよければ、「特待生」として学費を無料にしてもらうことができるかもしれませんが、そこまでできる人と言うのは一握りではないでしょうか。
それに、奨学金は基本的に「借金」ですので、後から返済しなくてはなりません。
初任給のわずかなお給料から、奨学金を返していくというのは本当に大変なことだと思います。

だからこそ、学資保険をかけるのです。
学資保険は、月々決められた保険料を支払うことで、将来にまとまった給付金を受け取ることが出来るという制度。
子供が17歳の時や18歳の時など、一番お金がかかる時期にまとまった給付金をもらうことが出来るのはありがたいですよね。

また、保険によっては途中で「お祝い金」を受け取ることが出来る可能性も。
「お祝い金」とは、小学校入学や中学校入学など、節目に合わせて給付金を受け取ることができるタイプの学資保険です。
どちらにするかはもちろん選ぶことができますので、好きな方を選んでみて下さい。

学資保険は、他にも「大黒柱である父親が無くなった場合、保険料の支払いが免除される」などのメリットがありますので、子供がいる人はぜひとも加入を考えてみて下さい。