介護保険選びのポイント

自分に合った介護保険を選ぼう

これから介護を必要とする人はどんどん増えていくといわれていますが、高齢者となったときに蓄えがなく、介護費用を捻出することができない可能性がある人はとても多いそうです。
公的な介護保険はありますが、十分な介護を受けるには補償金が足りない場合も多いようなので、将来のために民間の介護保険に加入しておくと、安心要素が増えますね。
ここでは、介護保険を選ぶにあたってのポイントをまとめています。

介護保険を選ぶポイント

介護保険には一時金タイプと年金タイプの2つの種類があります。
一時金タイプは補償金が降りるときにまとまった金額を一度に受け取るもので、年金タイプは一定額を毎月受け取る形です。
自分がいざ介護が必要となったときに、まとまった金額が必要になるか、それとも生活費として定期的な入金が望ましいかを検討してみましょう。

同居している家族などがすでに介護を受けている場合、住宅が高齢者や要介護者向きにリフォームされているケースもあると思います。
その場合はすぐに大きなお金が必要ということはありませんが、もし自分が介護を受けるにあたり、バリアフリーにリフォームする必要が出てきたら、リフォーム代としてある程度まとまった金額が必要になりますよね。
介護が必要となった時をシュミレーションしてみてください。

また、介護保険は要介護認定を受けた人に補償金が降りると定められていることが多いです。
要介護レベルに応じて補償金が降りる時期が設定されている場合もあります。
要介護レベルが低くても保険がすぐに降りるタイプの商品は、保険料が高めに設定されていることがありますので、保険料と補償金についてのバランスも考えながらプランを選びましょう。

貯蓄型など介護保険の特色について

保険には定期型と終身型などの種類もあり、終身型になると保険料が高くなります。
介護が必要な場合は、終身型のほうが安心ですが、保険は介護保険以外にも火災保険や生命保険など、いろいろなものに加入している人も多いので、介護保険の保険料が高いと家計を圧迫してしまうことにもなりかねません。

貯蓄型と掛け捨て型も同様で、介護保険はその両方が用意されています。
貯蓄型のほうが保険料は高くなりますが、もしものことを考えると安心、などそれぞれのメリットとデメリットがありますので、この点についてもよく検討した上でプランを選びましょう。

ちなみに貯蓄型の保険では、介護保険の補償金を受け取らずに解約した場合、返還金の割合がかなり高いプランもあるようです。
毎月の保険料は高くなりますが、もしかすると介護保険を利用することはないかもしれません。
また今後介護保険の商品がどんどん充実してくれば、介護保険の掛け替えという選択もあります。
介護保険を選ぶ時は、このようにさまざまな面を自分の状況と照らし合わせてみることが大切です。

火災保険を見直すタイミング

火災保険加入時にしっかり検討できなかった人は多い

賃貸住宅の場合、管理会社などが設定した火災保険に加入することが義務付けられていることが多いので、火災保険を自分で検討して加入するということは少ないのではないかと思います。
火災保険について考えるのは、何らかの形で住宅を購入した時、初めて検討したという人が多いのではないでしょうか。

しかし、実際に住宅を購入する手続きをしている時期は、住宅ローンや登記などに追われ、火災保険の検討まで手が回らなかったという人も多いようです。
そして、住宅ローンを組んだ銀行が勧める火災保険に言われるまま加入してしまった、という人もいます。
こうした場合、落ち着いたら火災保険飲み直しを検討してみるのも一つの方法です。

火災保険を見直すタイミング

住宅購入時以外で火災保険を見直すタイミングとしては、親元から独立する時、転勤で転居する時、結婚を機に転居する時など、いろいろなタイミングがあります。

賃貸住宅の場合、建物に対する火災保険は管理会社が提携している保険会社の火災保険に加入するケースがほとんどです。
しかし、家財においては自分で守らなければならず、契約時に加入した火災保険の保障だけでは不安な部分もありますので、家財保険においては自分で別途加入しているという人も少なくありません。

ちなみに、賃貸住宅を借りるにあたり加入した火災保険は、退去の時に解約する必要があります。
賃貸住宅の契約時にはいろいろな契約をするので、火災保険に加入していたことを忘れてしまう人も多いようですが、解約することで期間などに応じた解約金が返還されます。
管理会社や不動産会社から火災保険の解約について連絡がないこともあるようですので、忘れず解約手続きを行いましょう。

なぜ見直す必要があるのか

火災保険については一定額の補償があれば、見直しの必要はないと思われるかもしれません。
しかし、単身で転居などをして火災保険のに加入した時と、家庭を持って転居した時では、家財の量も総額も変わってきます。
単身と同じ内容の補償では、万が一のことがあった時に損害を補償金でまかなえないことも考えられます。

逆に、子どもたちが巣立っていき、住居や家財をコンパクトにしたのであれば、これまで入っていた大きな金額の保険ではなくても、補償を小さくすることで火災保険のコストを下げることが可能です。

長い人生の中で、住環境が変わることは何度かあると思われますので、都度加入している火災保険の見直しを行なうことで、家計に負担のかかりすぎずしっかりと補償を受けることができますので、ぜひそれぞれのポイントで火災保険の見直しを検討されることをおすすめします。

チューリッヒ

●チューリッピってどんな保険会社?
チューリッヒ保険は、日本ではなくスイスを拠点としている外資系の保険会社。
日本では、1980年代から営業を開始しており、現在でも人気のある保険会社のひとつです。
けっこう長い歴史のある保険会社と言うことになり、日本での知名度も外資系ながら非常に高いものになっています。
では、そんなチューリッヒ保険の特徴についてみていきましょう。

●リーズナブルな料金が魅力のチューリッヒ保険
チューリッヒ保険のいいところは、なんといっても保険料が非常にリーズナブルであること。
保険料が高いと家計に響くこともあるため、躊躇する人も多いでしょう。
しかし、チューリッヒ保険は契約している人が使用している車の条件などをみて保険料が決まりますので、リーズナブルな価格を実現することができるそうです。
ただ、チューリッヒ保険に関しては、このリーズナブルな保険料を実現するために「車に乗っていない時の事故は補償しない」となっているため、もしこの点の問題を解決するのであればチューリッヒ保険で用意している別の保険に加入する必要があるでしょう。
ここは、きちんと調べておきたいところです。
他の保険会社の保険では、実は「人身傷害保険」としていることが多いので、車に乗っているとき以外でも捕手を受けることが可能になっています。
でも、チューリッヒ保険の基本になっている保険ではそういったことがありませんので注意しなければなりません。

●ペットケアサービスの実施
チューリッヒ保険の大きな特徴に「ペットケアサービス」の実施があります。
今は、ペットを連れてお出かけをするという人もすごく多くなっていますよね。
しかし、そんな時にトラブルに巻き込まれて帰宅できないということになると、ペットの負担は非常に大きなものになるでしょう。
そういった場合、ペットが宿泊することができるようなサービスを実施しているのがチューリッヒ保険です。
このような特約もつけることができるようになっていますので、もし「ペットを飼っている」という人がいたら、こういった保険をつけてみるといいかもしれませんね。
このように、チューリッヒ保険では本当にいろいろな保険を販売しています。
ぜひ、自分にぴったりの保険を探してみてほしいですね。
チューリッヒ保険では、きっと素晴らしい保険に出会うことができるでしょう。

自動車保険の補償④人身傷害補償

○人身傷害補償保険ってなに?
自動車補償の中でも、聞きなれないものと言えば人身傷害補償保険です。
では、人身傷害補償保険とはどういった保険なのでしょう。

人身傷害補償保険というのは、示談の結果がどんな風になったとしても、補償をうけられるという保険です。
事故の例をあげましょう。
仮に自分が加害者となって相手を傷つける様な被害を出してしまった場合、示談を成立させなければ保険会社から保険は降りないことがほとんど。
つまり、示談がながびけば賠償金をもらうことはできません。
しかし、人身傷害補償保険の場合は「仮に賠償金がおりなくても、きちんと補償をしてもらうことができる」という特徴を持っています。
また、事故などでじっさいにこうむった損害の額を補償してもらえるということも大きいです。
自分の過失で怒った事故だとしても、入院費をはじめかかった費用をきちんと支払ってもらうことができる保険ですので、そういう意味で安心感は強いのではないでしょうか。
事故を起こしたとなると、とにかくたくさんのお金がかかります。
そのお金を、きちんと補償してもらうことができるというのは嬉しいですよね。
事故が起きると、本当にどうなるかわからないもの。それを、きっちりと補償してもらうことができるというのが、この人身傷害補償保険の最大のメリットになります。

●車に乗って居ないとき、何かがあった場合も補償をしてもらうことができる
例えば車に乗っていない時でも、何かがあったら補償をしてもらえるのがこの補償のいいところです。
たとえば、あなたの家族が道を歩いていたとします。
その時に事故にあったら、それも補償をしてもらうことができるのが人身傷害補償保険の大きな特徴。
ポイントは、自分ではなく家族がその事故に遭った場合でも補償をしてもらうことができる、ということです。
車に乗っていないときの事故でも補償をしてくれるというのは、この保険ならではの非常に大きなメリットになります。
人身傷害補償保険は、そういったメリットがある保険です。
なので、万が一のために人身傷害補償保険に加入をしておくというのは非常に意味があると考えて良いでしょう。

人身傷害補償保険では、単独で起こした事故でも補償をしてもらうこともできますので、「万が一のための補償」としては加入しておいて間違いのない保険のひとつです。
もし、これから保険に加入したいと考えている人はこの人身傷害補償保険に加入をしてみてはいかがでしょうか。

自動車保険の補償②対物補償

○意外に良く知られていない「対物補償」
自転車保険だけでなく、自動車保険であっても「保険」といえば「対人」「対物」が基本です。
なので、この保険についてはきちんと知っておきたいものですが、実はあまり保険の意味を知らずに保険に入ってしまっている人もいるので、注意が必要になります。
では、この「対物補償」についてお話をしてみましょう。
対物補償、実は「対物ならなんでも補償してくれるわけではない」ので注意が必要です。

★「身内への賠償」は対象外の対物補償
対物補償の大きな特徴として、「身内への賠償は対象外である」ということがあります。
これをあまり知らない人が多いので、注意しなければなりません。
例えば、飲酒運転をしてしまって間違って人の家の壁にぶつかり、損害を与えてしまったとします。
この場合、たとえ飲酒運転であったとしても賠償金は支払われます。
しかし、これが「父親の車を傷つけてしまった」などだとどうでしょう。
実は、同じ条件であっても対象が親族だと賠償金の支払いを受けることはできません。
このことを知らない人が多いので、補償の内容には十分気を付けなければなりません。
間違って身内の車とぶつかってしまったとしても、保険の賠償の対象外になってしまうということですね。
これは、あまり知らない人が多いので注意してください。

★自分の車も保証されない
仮に自分の車をこすってしまった場合でも、自分の車は補償の対象外です。
なので、もし自分の車になにかあった場合の補償が欲しいなら、それはべつの補償に入る必要がありますので気を付けて下さい。
おわかりと思いますが、保険と言うのは1つですべてが補償されるものではなく、補償してもらいたい範囲が広い場合は「特約」などをつける必要があります。
保険が解りにくいと言われているのはこれなので、自分に必要な保険は何なのかについてしっかりと考え、その上で保険に加入することが大事です。
せっかく保険に入っていたのに、保険の内容を知らず肝心な時に保険が降りない…ということがあってはもったいないですよね。
そのようなことを避けるためにも、保険についてはきちんと「どこからどこまでが補償されるのか」を調べて、その上で入ることをオススメします。

せっかくの保険も、きちんと内容を知らなければいざという時に頼れません。
そのことを考えれば、やはり最初にきちんと調べてから加入されることをオススメします。
きちんと保険会社のスタッフに話を聞いてから加入するのが一番いいかもしれませんね。