生きるうえで「リスク」を考える必要性

生命保険に加入するとき、まず考えなければならないのが「どうして生命保険に入るか」です。
「結婚したら生命保険にはいる」と考えている人はともかく、中には保険自体を凄く嫌い、「絶対に保険入らない」と言う人もいますよね。ここで、「なぜ生命保険に加入するのか」について。、もう一度考えましょう。

○病気や怪我に備える
大きな病気や怪我をしてしまうと、それに伴い「入院費」「医療費」がかなりかかってくるものです。その様な「万が一」に備えるのが、生命保険です。
病気や怪我をしてしまうと、追った以上に大きなお金がかかる様になるというのは御存知ですよね。
入院すれば、入院費以外に「ベッド代」「食事代」などがべつにかかってきます。さらに、家族が入院してしまった場合、交通費も半端なくかかることになりますので、やはり「お金」は非常にたくさんかかります。
その様なこともあり、「保険に加入する」という人が増えています。
せめて、保険にさえ入っていれば、いざという時に入院費の補助を受けることができますからね。

○死亡保険に入るメリット
結婚したり、子供ができたり・・・という場合、一家の大黒柱が入る保険が「死亡保険」です。
死亡保険とは、大黒柱の人が亡くなった場合にお金がもらえるという保険のこと。万が一のことがあると、心配になるのがその後の生活です。
妻と子供だけが残された場合、その後の生活費を銅捻出するかという問題が出てきますので、その問題を解決するのが「死亡保険」になります。おの死亡保険に関しては、「好きじゃない」という人もいる様ですが、自分がいなくなった後の家族の生活を思えば、入っておくメリットは非常に大きいものなのではないでしょうか。

○将来にそなえるための保険
最近になって注目されているのが、将来に備えるという目的の保険です。
例えば、学資保険などが解りやすいでしょうか。子供が大きくなると、それだけたくさんの学費がかかることになります。だからこそ、その将来の学費を確保する為に「学資保険」に入るのです。学資保険の中には、利率が非常に良く「払った以上に戻ってくる」というものもあります。
他にも、年金型の保険などが最近は人気を集めていますよね。

もちろん、生命保険をどうとらえるかはその人の自由ですが、多くの人が加入を考えるには理由がある、ということも確かだと思います。将来に不安を感じている人などは、保険に加入するメリットが大きいのではないでしょうか。