今人気があるのは「年金型」の生命保険

生命保険を選ぶ際、色々な保険の種類について調べると思います。
保険には、一生涯の補償である「終身保険」と、保険料は格安だけれど「満期になったら、サービス内容もそのまま切れてしまう「掛け捨て」など、色々な種類がありますよね。
その中でも、特に人気がある保険についてお話をしてみたいと思います。

まず、近年「保険に入りたい」と言う人の注目を集め続けているのが「年金型」の保険です。
あの有名なソニー生命からも年金保険が出ています
終身保険や医療保険に加入している人の中には、それとは別に「年金型」の保険に入っている人もいるほど。
それだけ、今は年金型の保険が注目されているのです。

「年金型の保険」とは、月々の保険料を満期まで払い込むと、一定の年齢から毎月、決められた期間にお金を受け取ることが出来るというタイプの保険です。
つまり、国民年金の生命保険バージョンですね。
今の30代くらいの世代は、「将来年金をもらうことができない」と言う可能性もありますし、もらえたとしても、本当に安い金額になってしまう可能性もあります。
今でさえ、年金が支給されるのは65歳からになっていますよね。
以前は60歳からだったのが65歳に伸びただけでも大変なことなのに、今国会では「70歳からの支給にすればいい」などと議論され、ますます年金に関する危機感は高いものになっています。

このせいもあり、国民の年金不信は非常に深いもので、国民年金の場合は年金の支払いを拒否する人が増加するなど、社会問題になっているとか。
年金を支払うことは国民の義務ですが、将来自分がもらえるかどうかわからないのに、年金を支払わなければならないというのも、なんだか・・・ですよね。
年金と言うのは、将来の自分の為に払うわけではなく、今のお年寄りを支える為に払うものですが(国民年金基金に加入していれば、それは自分の為に払うことになりますが)、将来年金がもらえるのか?と考えると、暗い気持ちになってしまう人も多いみたいです。

だからこそ、生命保険会社が売り出している「個人年金保険」の人気が高まっている訳です。
生命保険会社の個人年金は、自分の将来のためにかける保険ですので、自分の為だけに使うことが出来るというのが人気のポイント。
将来の「年金」に不安を感じている人が、数多く選ぶ保険になっているのは、この為です。
個人年金は決して安い保険ではありませんが、それでも「加入したい」と言う人が増加し、今ではほとんどの保険会社で加入することができる様になっています。
今後「保険選びをしたい」と言う人は、ぜひ1度「個人年金保険」について調べてみてはいかがでしょう。