障害児の保険、豆知識

今は、子供でも学資保険や医療保険に加入するなどのケースが増加していますよね。
特に、学資保険は今や定番化しており、子供ができたらまず学資保険に加入する、と言う人がいるほど。
そのせいか、学資保険も色々な保険会社から発表される様になり、色々なものを選ぶことができる様になりました。

しかし、ここで問題になるのが「障害児の保険」です。
自分の子供が障害児である人ならわかると思いますが、医療保険や自賠責保険など、障害があると「保険に入ることができない」と言うケースがあります。
障害児だって、病気をしないわけじゃないし、怪我をしないわけじゃない。
なのに、ただ「障害がある」と言うだけで、保険に入ることが出来ないというのは切ないと思いませんか。
特に、知的障害のない発達障害の場合、社会的なサポートを受けることができる訳ではないので、健常者と一緒に社会で働くことになります。
この時、障害があるからと言う理由で保険に入ることができなかったら、大変なことになると思いませんか。

こんな状況の中、障害者でも入ることができる保険が出てきました。
その代表的なものが「ぜんちのあんしん保険」です。
ぜんちの安心保険は、知的障害や発達障害、てんかんの人でも加入できるのが特徴。
これらの障害を持つ人は、「障害がある」と言う理由から、これまで十分な補償を受けることができずにいました。

でも、ぜんちのあんしん保険では、これまでなかなか入ることができなかった医療保障や死亡保障を受けることができる様になっています。
そして、特徴的なのが「権利擁護費用補償」を受けることができること。
万が一、トラブルが起きたときは、障害に関して知識のある弁護士がサポートをしてくれますので、安心なのです。
障害がある人にとって不安なのが、何かが起きた時に自分で反論する術を持たないことがあること。
相手の言うがままになってしまうなどの心配もありますので、弁護士がサポートしてくれるというのはこころ強いですよね。

他にも、障害があっても加入することができる保険は、少ないながらも増えてきている様です。
簡単な医療保険なら、生協の保険の中にも「障害児が加入することができるもの」があるそうですよ。
障害があるからと言って、保険を諦める必要はありません。
探せば、入ることが出来る保険を見つけることができることもあるので、ぜひ諦めずに探してみて欲しいと思います。
保険があるかないかだけで、安心感が違いますよね。