生命保険の必要性

●生命保険の必要性について
とくに法律で「加入しなければならない」ということでもありませんが、最近は本当にたくさんのひとが生命保険に加入をするようになっています。

では、なぜ人は生命保険に加入するのでしょう。その理由について、迫ってみることにしました。これから生命保険に加入したいと考えている人には、この点についてまず勉強をしてみてほしいと思います。

●万が一の場合の備え
まず、生命保険というのは「万が一の場合の備えである」ということです。
私たちは、毎日健康で安全な生活をおくっていると思いがち。

でも、「天災は忘れたころにやってくる」という言葉があるように、本当にふとした時に天災がやってきます。
万が一のことが家族に起きた時、そういう時は必ず補償が必要になりますよね。

例えば、結婚して子供が生まれた場合。
とくに父親の場合、一家の生計を立てる大黒柱であることが多いです。
そんな父親がもし倒れたり、動けなくなってしまったら、残された家族はどうなってしまうでしょうか。

本当に辛い思いをするはずです。さらにいうと、大黒柱が倒れたということで金銭的な心配も背負うことになってしまうでしょう。そのことをおもえば、何らかの保険が必要になるのです。

そこで、登場するのが「死亡保険金」の存在です。万が一の時に受け取ることができるお金を用意しておくことで、その先の子どもとの生活が本当に楽になるでしょう。この様に、備えというのは私たちの生活を非常に助けてくれる存在なのです。

●学資保険という備え
そして、最近になって多くの人が加入している保険が「学資保険」です。

学資保険は、子供の学費を貯めておくための保険。高校や大学に行く頃になると、子供には必然的にお金がかかるようになりますよね。その時に、まとまった金額を受け取ることができるようにという補償があるのが学資保険です。学資保険のいいところは、払い主である父親が亡くなってしまった場合は保険料の支払いが免除され、その通りに保険料を受け取ることができるということ。

だからこそ、学資保険に入る人が多いのです。

他にも、最近は「個人年金」などメリットが大きい生命保険がたくさん出ていますので、自分にぴったりの保険を選ぶことができるように努力をしてみてくださいね。

病気に備える保険もありますので、どの保険が自分に必要なのかをしっかりと知ることが大事です。
あなたはどんなタイプの保険に加入しますか?