生きるためのがん保険「アフラック」

がん保険「アフラック」の特徴

がん保険「アフラック」は、がん保険としての適用範囲が広いだけでなく、「多くのサービスを用意している」という特徴もあります。

例えば、「初めてがんにかかった場合の保険」も存在するので、他の保険会社よりも手厚い保障を受けられるようになっています。
他の保険会社では、「がんの進行度(重症度)」に応じて保険料が変化する、もしくは、初めてがん保険に加入する人であれば、保険料が割安になるというサービスが多いです。

しかし、がん保険「アフラック」では「がん(悪性新生物)の診断が確定となった」時に、一時金として100万円の支給が行われるようになっているのです。
がん保険の中には、前述のような少しだけ安く入れる保険も存在しますが、がん治療というのはがん治療費との戦いでもあるので、このような高額の一時金を受け取れるのは、これからがんと戦っていく人にとって頼りになるサービスでしょう。

他にも、がん保険「アフラック」は「がん以外も手厚く保障する保険」を用意しています。
そもそも、がん保険「アフラック」として知られているため、がんにかかった時のために入っておく保険だと思っている人も多くいます。

ですが、がん保険「アフラック」では「入院、通院、特殊な治療を受けた場合」であっても、保険金が支給されるようになっているのです。
とりあえず、健康を考慮して検査目的の入院を行いたい、素早く治療を終えたいので短期間に集中して通院を行いたいという場合でも、がん保険「アフラック」であれば保険範囲内となっています。

今では、放射線治療といった特殊な治療でも保険金が支払われるので、様々ながんの悩みに向いている保険として、がん保険「アフラック」は評価されている状況です。

がん保険「アフラック」だけの制度

がん保険「アフラック」は、「最新の医療を受けやすくする制度、再発のリスクを軽減するサービス」を用意しています。

がんの最新の医療とは、「昔に比べて治療中のダメージが少ない治療」のことです。
人によっては、途中でがんの治療をやめてしまう人もいるのですが、そのような人は治療の痛みに耐えかねてやめてしまうことが多いです。
しかし、がん保険「アフラック」では、最新の医療も提供できるよう取り組んでいるので、常に「長く安心して治療を受けられる」ように、様々な形でサポートしてくれるのです。

また、がん再発のリスクを軽減する取り組みも行なっています。
再発のリスクとは、「がん治療を終えた後の治療」のことです。

人によっては、再発のリスクをあまり考えずに治療を終えてからは、積極的に治療に取り組まない・・・というケースも存在します。
ですが、がん保険「アフラック」ではそのような人に対しても、がん保険の適用を行うというサービスを実施しているのです。

医療保険の審査は何をするのか

告知書がもとになる医療保険の審査

まず、審査は「告知書」を元にして行うという原則が存在します。
告知書には、審査を申し込む側の健康内容について書かれているのですが、告知書を実際に確認して審査を進めるのは、「審査を担当する医師」となります。

そして、告知書に問題がないかチェックし、問題がある場合は健康状態を明記する形で、具体的な病気のリスクが特定されている状態で、審査が進むような流れになっているのです。

また、告知書の正確なチェックが必要なので、告知書に記載されている状態のままであるかどうかを、「健康状態の審査」という項目で正確にチェックします。
ただ、健康状態の審査は医師によって判断が違ってくることもあります。
糖尿病を患っている人が医療保険に入れることもありますが、糖尿病と併発症に悩まされている人は、健康状態が良くない人物として、医療保険に加入できない(審査に通らない)こともあるのです。

そして、必ず「職業の審査」も行われるようになっています。
医療保険の審査は、生命保険の審査と同じで「職業上のリスク」もチェックするのです。
例えば、「高所作業を伴う職業、長時間立ちっぱなしの職業、危険物を取り扱う職業、レーサーのような危険性を伴う職業」についている人は、医療保険の審査が厳しくなりやすいのです。

逆に、「勤務時間が短い職業(パートなど)、危険性の低い現場で働いている作業員」といった立場であれば、医療保険の審査は優しいものになりやすいのです。
他にも、今までに仕事をしていて怪我、病気に悩まされたことがないか、細かいチェックも入るようになっています。

その他の医療保険の審査

医療保険の審査では、以下のような審査も行うようになっています。

例えば、「最近3ヶ月以内に診療、投薬を受けたことがありますか?」という質問が存在します。
診療は大きな問題になりにくいのですが、投薬が短期間で集中的に行われている、複数の病気に対して治療を投薬という形で受けている、という場合は医療保険の審査上で悪い評価が付きやすいです。
他にも、「入院、通院は今までに何度行なったか?」ということも聞かれます。

このような質問を通じて、具体的な病気の解明、現在追っているリスクを検討していくのですが、「身体障害者としての問題」も、医療保険の審査上でチェックされるようになっています。
身体障害者と一言で言っても、自覚していない病気も存在しますし、なにより統計データを元にすると、病気のリスクが高くなりやすい傾向にあります。
そのため、今では具体的な身体障害の悩みと称して、医療保険の審査上で、かなり細かい質問を聞き出そうとするケースも存在するのです。

貯蓄があれば医療保険は必要ない?

通院給付金で費用を軽減できる

貯蓄があれば医療保険は必要ないという意見を、今ではテレビ、ネットなどで見かけることがあります。

ですが、そもそも医療保険が必要な人、不要な人が存在するので、誰も彼もが医療保険に入らないほうが良い・・・というわけではありません。
医療保険というのは、「怪我、病気のために診療、入院、通院を行なった」際に、医療保険が診療などでかかった費用の一部を、保険金という形で支給してくれるサービスのことです。
このようなサービスが存在するため、良く病気にかかる人であれば、医療保険に加入していたほうがなにかと得なことがあるでしょう。

ですが、まったく病気にかかる見込みが無い人の場合、このような保険に加入していても良いことがありません。
しかも、「通院給付金」という制度もあるので、通院給付金を通じて医療保険に近い対応を行うことも可能です。

通院給付金とは、入院後に通院を行わなければならない・・・といった、従来よりも入院、通院ともにお金がかかってしまう人に対して、一定の割合で給付金を支給するという制度です。
このような制度を知らない人は、かかった費用は全て自分持ちであると思い、その影響で医療保険に加入することもあります。
ただ、通院給付金は「通院が必須となっている」ので、入院のみで退院されている方は給付金の対象者となりません。

そのため、「病気にかかりやすい、入院することが多い」という問題を抱えている人であれば、医療保険も利用したほうが良い人だと言えます。
社会には、手厚い保障をまとめている制度が存在しますので、高額の医療費、長期間で発生する医療費・・・の問題であっても、安易に医療保険に頼るのは良くないでしょう。

特に、これらの問題は貯蓄があれば解決するケースが目立ちます。
貯蓄がある場合は、そもそも一定期間の入院費用をすべて支払えるので、慌てて医療保険に加入しても意味がありません。

高額療養費制度で費用を軽減できる

高額療養費制度もあるので、貯蓄をしっかりと行っている人であれば、医療保険に加入しなくても良いという考え方も存在します。

例えば、「急性心筋梗塞、脳出血」といった病気で入院されるケースでも、前述の高額療養費制度が適用となりますので、支払った金額のほとんどが制度により返還されるのです。
なので、そもそも高額療養費制度を使える、貯蓄があるので支払いに応じることができる・・・という条件を満たしている人は、貯蓄があるので医療保険は必要ない側に分類されます。

また、このような制度を知っていると、それだけで精神的にも楽になれるものです。
自分の状況と照らし合わせて、医療保険への加入を検討する、という姿勢も大切です。

医療保険は本当に必要なのか?

医療保険は必要ではない理由

医療保険というと、「惰性で今でも加入したままにしている」という人がいます。

ですが、どんな人でも加入しておいたほうが良い保険ではない・・・という意見が、今ではテレビ、ネットなどで良く取り上げられるようになってきました。
なぜ、今になってこれほど騒がれるようになったのかというと、それは「医療保険の必要性が問題視されている」からです。

例えば、「医療保険はリスクを考慮に入れると得である」という考えは、今では良く否定されるようになりました。
昔であれば、「病気にかかった時に必要になる保険」と言われていましたが、会社の福利厚生が充実しているようであれば、不要であると言えるケースが多いのです。

具体的には、会社のほうに申請できる「傷病手当金」が該当します。
傷病手当金は、怪我、病気により入院することになった会社員のための福利厚生で、こちらの福利厚生を利用すると、「欠勤中であっても給料の3分の2」が、健康保険を通じて支給されるようになっているのです。

このようなサービスをどこかで見たような・・・と思う人もおられるかと存じますが、傷病手当金は医療保険に近い制度として知られています。
医療保険の場合は、毎日5000円、10000円という保険金が支給されますが、しっかりとした福利厚生を設けている会社で働いている場合、なにも医療保険のみが頼り・・・というわけではないのです。

その他の医療保険は必要ではない理由

他にも、医療保険は必要ではない理由が存在しますので、良ければ以下を参考にして、医療保険の必要性について詳しくなってください。

まず、医療保険は「貯蓄に余裕がある人」であれば、医療保険に加入しなくて良いという考えが根付いています。
なぜかというと、統計データを元にすると病気にかかる人は少なく、且つ、病気で発生する治療費が高くつくケースも少ないからです。
脳出血のため、40日前後の入院を行なった場合でも、高くついて70万円前後とされています。

保険に入っていると、このような費用の半分以上を保険金で支払われる・・・のですが、そもそも毎月で保険料分の貯金を行なっていても、実を言うと70万円前後の貯金を行えるという考えが存在します。
毎月1万円の貯金を6年間行うだけで貯蓄が70万円を超えますし、貯蓄が得意という人であれば100万円以上の貯蓄を行えるでしょう。

ただし、すでに高齢者で貯蓄も少なく、病気にかかりやすいという人は医療保険に入っておいたほうが良いです。
高齢者の場合、年をとるごとに病気にかかってしまうリスクが高まり、且つ入院期間が長くなりやすいからです。
そのため健康的で若い人、貯蓄が多い人であれば、医療保険は必要ではないという考えが、今では良く知られるようになったのです。

医療保険とは

医療保険とは

医療保険とは、「怪我、病気の際に病院で診療を受けた場合、治療費などを保険で支払える」という保険のことです。

また、生命保険との違いは「限られた病気に対して有効であるかどうか」です。
生命保険の場合は、特約を保険に追加することで、重い病気(三大疾病など)にかかった際も手厚いサービスを受けられるようになっています。

逆に医療保険の場合は、「あらゆる怪我、病気に対しても有効」となっており、診療を受けた場合に5000円、入院、通院では10000円というふうな形で保険金が支払われるようになっています。
他にも、医療保険だけの特徴がありますので、以下を参考にして医療保険に詳しくなってください。

まず、医療保険は「高齢者でも入ることができる」という仕組みになっています。
当たり前のように感じますが、医療保険以外の保険は「あらかじめ健康診断、持病の確認が必須」となっておりますので、加入条件を満たせない人では入ることができません。

ですが、医療保険は入院、通院の世話も行なってくれる保険となっているので、重い病気を持っていない人であれば、医療保険に加入することは容易です。

他にも、医療保険は「病気の種類によって、保険金の金額が変動する」仕組みになっています。
そのため、急に重い病気にかかってしまい、通院期間が長くなった・・・という場合でも、医療保険であれば速やかに通院期間に適した保険金を受け取れるのです。

医療保険だけの特徴的なサービス

医療保険だけの特徴的なサービスでは、「貯蓄型の保険が存在する」という特徴があります。

近年では、生命保険、医療保険のどちらにも「掛け捨て型、貯蓄型」が存在しますが、長く保険に加入される人は貯蓄型を選ぶケースが目立ちます。
というのも、貯蓄型は掛け捨て型より保険料が高いのですが、その代わり、一定期間しっかりと保険料を支払っている人であれば、「ボーナスが支払われる」仕組みになっているからです。

ボーナスとは、掛け捨て型にはない制度で、今までに支払った保険料の一部が貯蓄という形で返還されるサービスのことです。
5年で10万円・・・というふうに、かなり高いボーナスが発生する貯蓄型も存在します。

後、医療保険であれば「持病を持っている人でも入れる保険が存在する」、という強みがあります。
従来の生命保険であれば、このような対応をとることができません。

というのも、高齢者であればあるほど重い病気に悩まされている人が多く、且つ、寿命が短い高齢者も多いため、保険の支払いが多くなりやすいからです。
しかし、医療保険の場合は「従来の保険よりも保険料を上乗せする」という対応だけで、医療保険に加入できるようになっています。