ここまで進化したペットフード

ペット保険に加入する人というのは、ペットを買っている人の中でもとくに、ペットの健康や安全な暮らしに対する意識が高い人であると言えるでしょう。
従来、ペットというのは、自然に病気をして、自然に治るのをまつというのが一般的な感覚でした。
そもそも今のようにペットショップでペットを購入するということも珍しく、放し飼いをするケースも多かったため、病気になったペットは自ら姿を消してひっそりと死んでいくということも多かったようです。
しかし最近はそうではありません。
そんなペットを大切にする飼い主にとって、大きな感心ごとのひとつとなっているのが、ペットフードではないでしょうか。

ペットフードとひとくちにいっても、そこにはさまざまな種類があり、それぞれによって特徴や品質が異なってくるのです。
ぺっとフードの中には、格安の値段のものも存在しますが、そういったものは品質に疑問がある場合も少なくありません。
たとえば、病死した家畜の肉を使用していたり、劣悪環境で飼育された肉、あるいはホルモン剤を大量投与された家畜の肉などが使われていることすらあるのです。

また、使用されている調味料や保存料といったものも、安いペットフードでは健康面において不安を感じるようなものが使われていたりするものです。
そういった問題を回避したいと考えるペットの飼い主にいま注目されているのが、添加物を使わずに作ったり、安全性にこだわって育てられた家畜の肉を使って作られた高級なペットフードです。

こういった高価なペットフードでは、有機栽培の野菜や、同じく有機栽培の飼料を与えて育てた鶏肉などを原材料として使っていたり、合成香料や合成着色料、ある意保存料などを使わずにつくっていたりするのです。
つまり、人間が食べても問題ないような品質のものをペット用に製造しているということ。
これはよく考えればごく当たり前のことかもしれませんが、「どうせペットフードだし」と安いもので済ませるひとが多いこともまた、事実なのです。

そんな高価なペットフードですが、最近はそのバリエーションもより豊富になっています。
たとえば、ペットフードといえば従来は固形のドライフードと缶詰に入ったウエットフードの2種類が中心でしたが、最近はそれらに加えて猫専用のスープであるとか、ドライフードや缶詰の上にかけて使用する「専用ふりかけ」といったものまであるのですよ!
ペットフードはここまで進化しているのです。